どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
☆うさこ☆さん 30代・せんせい

まっすぐに進む先には…
ももんちゃんシリーズの1作目ということ…

ねこまるせんせいとせつぶん」 みんなの声

ねこまるせんせいとせつぶん 作:押川 理佐
絵:渡辺 有一
出版社:世界文化社
本体価格:\1,000+税
発行日:2014年01月
ISBN:9784418148028
評価スコア 4.17
評価ランキング 19,720
みんなの声 総数 5
「ねこまるせんせいとせつぶん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 豆をまいて、冬を追い払った

    渡辺有一さんの絵に惹かれて手に取りました。
    渡辺さんと言えばねこざかなシリーズが有名ですが、ねこまる先生の存在は知りませんでした。
    幼稚園の先生、しかも本物のねこなんですね。
    ねこまる先生と園児、そして鬼と相まって、なんとも賑やかな節分となりました。
    「豆をまいて、冬を追い払った」というラストシーン、お花も咲いてとても綺麗でした。

    投稿日:2019/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 節分に絵本です。

    小学校2年生の我が家の娘が一人読みしました。
    節分シーズンにぴったりな絵本です。
    「ねこまるせんせい」、節分以外にもあるので、気に入った読んでみると面白いです。
    季節の行事、大切にしていきたいなと思いました。

    投稿日:2019/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬を追い払う

    こざかなえんの見習い先生は、ねこまるせんせい、つまり、本物のねこですって。
    かなり衝撃的な設定ですが、これから起こる出来事も、そのせい?らしいので、
    なんとなく納得させられてしまいますね。
    さて、節分の鬼役になったねこまるせんせい、やはり異界へ迷い込みます(笑)
    鬼たちに囲まれ、「なぜ豆まきをするんだ?」と言われると、
    やはり説得力が必要です。
    ここで、冬を追い払い、春を呼ぶ、と提示されることで、
    しっかりとその意味が体感できますね。
    そう、立春。
    そこまでも網羅した筋立て、あっぱれです。
    幼稚園児くらいから、しっかり受け止めてくれると思います。

    投稿日:2017/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 豆まき

    ちょうど今日は節分ですね。
    豆をまいて鬼を追い出していたはすが、いつの間にか鬼の森の中へ・・・
    これは、怖いですねー。
    うちの子供も、びっくりしていました。
    春がやってくるという結末に、節分の大切な意味がこめられていると思いました。

    投稿日:2015/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎな節分

    このお話は、ねこまる先生と生徒が不思議な節分を体験するお話でした。節分を幼稚園で行っていたのですが、ふとした瞬間から鬼の居る森に来ていました。うちに子は鬼が怖いので「本当にこんな森あるの?」って言ってちょっと心配になってきていました。

    投稿日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける


>絵本エイド ―こころにひかりを―

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット