新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

おどかさないでよ、ガオくん!」 ママの声

おどかさないでよ、ガオくん! 作:トマス・テイラー
訳:灰島 かり
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2014年06月19日
ISBN:9784593505647
評価スコア 4.17
評価ランキング 22,412
みんなの声 総数 5
「おどかさないでよ、ガオくん!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 相手の立場に立つこと

    可愛い絵に魅かれて私が借りてきました。

    表紙のかわいいトラのガオくん。実は大きな声を出せることが自慢で、出しては森の動物たちを驚かすんです。可愛いなーと思えちゃいますが、ほかの動物にとっては迷惑なこと(笑)そんあガオくん、ほかの動物に同じことをされてやっとわかるんです。

    やっぱり相手の立場に立たないとなーと可愛いお話の中で気付かせてくれる絵本です。

    投稿日:2016/06/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 教訓になると思います

    ほんのちょっとのいたずら心でみんなに吠えるガオくん。

    子どもの一緒で、悪気はなくても相手にとったら

    いい迷惑ですね。

    このお話はやられっぱなしのみんなの中で

    かしこいさるが考え出した方法でガオくんに分からせます。

    これでジャングルは平和に戻ったかなと思いましたが、

    そうとも言えないところは愛嬌で・・・。

    投稿日:2015/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おどかしあっこ

    このお話は、ジャングルでみんなを脅かして回っていた虎の子のガオくんがみんなに仕返しされて、おどかされるお話でした。うちの子はガオくんが仕返しされるのを見て、「みんなにするからじゃん!!」って言いながら笑っていました。

    投稿日:2014/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰かに読んでもらおう

    7歳の娘が一人で読んだ時には、イマイチ面白さがわからなかったようなのですが、私が大声を出して読んであげると、とっても喜んでいました。
    一緒に聞いていた4歳の息子も大喜び。「ガオガオー!」と、ガオくんと一緒になって大声を出して叫んでいました。森の動物たちがいっぺんに大声で叫ぶ場面では特に大張り切りでした。
    この絵本は誰かに読んでもらうのが楽しいと思います。

    投稿日:2014/07/18

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット