ふゆのよるのおくりもの ふゆのよるのおくりもの
作・絵: 芭蕉みどり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
きょう、ティモシーとサラはもみの木をかって帰りました。きれいに飾りつけをして、クッキーを焼いて、さあ、これからおでかけです。

ごんごろ じゃがいも」 パパの声

ごんごろ じゃがいも 作:いわさ ゆうこ
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2014年06月19日
ISBN:9784494001644
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,810
みんなの声 総数 10
「ごんごろ じゃがいも」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  最近驚いたのは、昨年の台風の影響でじゃがいもが不作になって、いくつかのポテトチップスの販売を中止するというニュースでした。
     今や私たちの食生活にポテトチップスは欠かせないお菓子なのです。
     だから大きなニュースになる。
     そういえば、台風で水につかったじゃがいもを昨年たくさん見たように思いますが、それが今頃影響してくる。
     ならば、自分で育ててみるか、と考えた人がいるかどうか、この絵本は子どもだけでなく、これからじゃがいもを育ててみようと考えている大人の人にも役立つようにできています。

     まずは予習。
     じゃがいもはナス科の野菜です。
     私たちが食べている、あの「ごんごろ」しているところは茎が膨らんだものなんですよ。
     本当の実はトマトみたいな形をしているそうです。
     ここまでが、予習。でも、この絵本にはちゃんとこの説明も載っています。
     トマトそっくりの実も絵で描かれていますから、一度見てみて下さい。

     じゃがいもは種ではなくて種イモから育てます。
     でも、地中の様子は見ることができません。何しろ土の中から顔を出すのは収穫の時ぐらいですから。
     見たい人のために、この絵本の作者いわさゆうこさんは丁寧な絵を描いてくれています。もちろん、地中の姿も。
     丁寧な絵ということでは、じゃがいもの花の絵も素敵ですよ。
     こんなきれいな花が咲くのですから、それだけでも育てる価値があるというもの。

     もちろん、収穫はもっと楽しみですが。

    投稿日:2017/05/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット