宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

えんそく くろくま」 その他の方の声

えんそく くろくま 作:たかい よしかず
出版社:くもん出版
本体価格:\800+税
発行日:2014年06月30日
ISBN:9784774323459
評価スコア 4.32
評価ランキング 15,518
みんなの声 総数 37
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 遠足です。

    クロクマちゃんシリーズ、とても、可愛いです。
    今回は、遠足に出かけます。
    クロクマちゃんたちは、自然のなかで、耳をすますのですが、それって、なかなか貴重なことのように思います。
    可愛いだけの絵本ではなく、なんか、いいです。

    投稿日:2017/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • あれ!?
    知らなかった、くろくまくんシリーズの「えんそく」

    これまた、楽しそうな

    くまのリュックかわいいなぁ〜
    お弁当も楽しみです

    って、しし?いのししさん達とだけなんだ
    と、ししさんたち転んでいたり
    落ち着かないかも(笑

    いろいろ観察していますが
    笹!?
    まさかのパンダさん達登場

    くろくまくんと色違い?模様違い?
    なんか、こんなにいっぱい居たら
    楽しいですよね

    と、これまた、遠足にここは・・・

    くろくまくんらしい遠足を楽しめますよ

    投稿日:2016/05/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • すきないろ

    表紙を見て、ページを開いて、なんてきれいな緑なんだろう!と思いました。

    読み進めながら自然の音や色をめいっぱい感じられて、こっちまで気分はルンルン!

    爽やかな淡いみどりいろは、目にも心にも良いですね!

    シリーズの中で、一番すきな“いろ”!
    シリーズを通して、きっとお気に入りの“いろ”が見つかるはずです!

    投稿日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • くろくまくん 効果

     遠足に行く くろくまくん。リュックサックやお弁当箱が可愛いです。こういうグッズが、遠足のわくわく感をより高めてくれますネ♪

     くろくまくんたち、自然の中で五感を研ぎ澄ませてみると、いろんな出会いがありました。何かな?とあてっこが楽しい場面です。そして、今度、お散歩に行く時にでも、子どもさんと一緒に 耳を澄ませてみるのも良いですね^^

     それから、絵本の細かいところに注目すると、発見がありました。ししの子どもが連れて歩いている青虫の食欲旺盛さとか、帰ってきたくろくまくんのリュックにくっついている虫が、前のページにも登場しているとか。

     あてっこしたり、可愛い絵をじっくり見たり、指さししたり おしゃべりしたりして、楽しめる絵本です。そして、くろくまくんの顔をみていると、なんだか、こちらも にこやかな気持ちになれるのが良いなと思いました。

    投稿日:2016/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろな音がして、それを当てて遊んだりできそうで楽しく読める絵本だと思いました。
    次は何が隠れているのかな、みんなは何をしているのかな、等子供に確認しながら読んであげると楽しめる気がしました。可愛らしい絵本で、幼稚園に通う位のお子さんに人気だと思います。

    投稿日:2016/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • くろくまくんとししくんたちの遠足  お母さんの作ってくれたお弁当もって

    森のなかで いろんな音を聞いて   青虫が葉っぱを食べる 音
    小鳥の声  こういう感性が いいんです

    藪の中では たくさんのパンダたち  パンダたちと森のお風呂に入って気持ちよさそう

    いろんな楽しい体験をしたね   くろくまくん

    お母さんに いっぱい お話ししたでしょうね

    投稿日:2015/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせにも

    カラーは、すべてグリーンで表現されているのですが
    違和感なく、不思議と、鮮やかに見えました。

    遠足の日の高揚感ワクワク感を楽しむことができる絵本です。

    文章も読みやすく内容も分かりやすいので、
    読み聞かせにも向いていると思います。

    投稿日:2015/04/07

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ねえねえ
    ねえねえ
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    世界は不思議なことがたくさん!ねえねえ、いっしょにでかけよう!遊び心いっぱい、父と子の冒険絵本。


『おかしになりたいピーマン』『おもちゃになりたいにんじん』岩神愛さんインタビュー

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.32)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット