たこやきようちえん たのしいえんそく たこやきようちえん たのしいえんそく
作: さいとう しのぶ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
たこやきようちえんの遠足は動物園! たこやき6人は、元気に出発しますが・・・。

ぐるんぱのようちえんなかなかよいと思う みんなの声

ぐるんぱのようちえん 作:西内 ミナミ
絵:堀内 誠一
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1966年12月
ISBN:9784834000832
評価スコア 4.75
評価ランキング 682
みんなの声 総数 352
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

67件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 痛みを知る心

    • うまそうさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    幼稚園で集団生活を送るようになると,「いじめられる」「嫌われる」「失敗する」という負の経験も知るようになります。
    ぐるんぱが汚かったり,臭かったり,すること全部が裏目に出て居場所を失ったりすることの痛みが,読む側に伝わってこその作品だと思います。

    その辛くて寂しい気持ちがあるからこそ,後半部分での「幼稚園」の繁盛振りがより明るく楽しく感じられる気がします。誰だって役に立たない&嫌われるよりも,人に喜んでもらえる方がいいですもんね。子どもたちにもその喜びが伝わるといいな,と思います。

    親としては,ぐるんぱを通して,その子の不得意とするところよりも得意とするところに目をかけて認めてあげなくてはいけないな,と思わされます。その子自身を伸ばす,生き生きとさせる,ということはこういうことなんだ,とぐるんぱを見ていて痛感しました。

    投稿日:2007/11/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • 名作絵本

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    孤独な象のぐるんぱが自分の居場所(出来ること)を探す物語です。人生にも通じていると思います。深いお話だと思います。絵もすごくかわいい!
    名作ということで、娘に読み聞かせるのを楽しみにしていました。でも娘の反応はイマイチ。一回読んだだけです。おもしろいと思うんですが・・・。またチャレンジしてみます。

    投稿日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々試してみたけど、失敗ばかりのぐるんぱ。でも最後は、ほっと一安心。子どもたちに囲まれて、幸せそうなぐるんぱでした^^どんなことでも、とにかく一生懸命やってみることが大切なんだと気づかせてくれるえほんでした。

    投稿日:2016/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハッピーエンドでよかった!けど・・・

    • だいちまるさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子0歳

    かわいいぐるんぱと鮮やかで楽しそうな挿絵とは裏腹に
    ぐるんぱは自分の居場所が見つけられずに
    しょんぼりしてばかりです。

    特に生まれ育った群れから日頃から仲間はずれにされ、
    追い出されるために、最後にきれいに洗ってもらってるのに
    先の明るい出発であるかのように元気いっぱいで旅立つ
    ぐるんぱが正直気の毒です。

    その後も悲しく辛いストーリーが続きますが、
    最後は子どもたちに囲まれて、
    幸せいっぱい、居場所をようやく見つけたお話で、
    ほっとしたのですが、
    やっぱり不幸な部分が多すぎて、
    「びすけっと、まだ たくさん のこっていますね。」という一文も
    でも、ビスケットはいつかなくなるよ。ビスケットがなくなっちゃったら?と、なんだか妙に不安になります。

    ただ、話自体嫌いじゃないです。
    一度は読んでみるといいんじゃないかと思います。

    投稿日:2014/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 定番絵本

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    有名定番絵本ですが読んだことが無かったので読んでみました。
    勝手にタイトルからぐるんぱが幼稚園に通うお話かと思っていましたが違いました。
    大きい象ならではのぐるんぱの行動になるほどーと頷いてしまいます。
    器用だと思うんだけどなー、一生懸命だし。ぐるんぱがかわいそうだったのでラストはハッピーエンドで安心しました。
    2歳児にはまだ少し文章が多かったみたいでした。

    投稿日:2014/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 言わずもがなの名作ですが…

    絵もストーリーも大好きで、私も小さいころに何度も読んだ1冊。
    図書館で借りました。
    大きなビスケット、大きなお皿(こんなプール入ってみたいな)、大きな車、、
    想像をめぐらせ、ワクワクして読む感覚は今も一緒。

    でも、2歳半の息子は聞いていて「ふーん」という感じ。
    くいつきはそんなによくありませんでした。
    彼は、乗物本、図鑑本、ナンセンス本が好みなのです。
    まだストーリーのおもしろさに気がついていないのか、それとももともと趣味ではないのかわかりませんが、
    少し時間をおいて、もう一度読んでみたいと思いました。

    投稿日:2013/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 負けない強さ

    最初はどうしてぐるんぱは一人仲間から
    外れているんだろう。
    臭くなるまで放置されているんだろう。
    どうするか会議までされちゃうんだろう。
    臭いからって鼻を空へ向けるって行為は嫌だな〜。

    と、暗い気持ちになります。

    しかし、綺麗になったぐるんぱはそれだけで
    自信がついた様子で次々と働きに向かいます。
    失敗しても失敗してもへこたれません。
    強さを感じます。
    どこにも居場所が見当たらなかったけれど
    最後の最後できちんと居場所を見つけ
    輝ける場所を確保します。


    息子はお皿に描かれているチューリップをみるたびに
    「さいた〜さいた〜」と歌いだします。

    投稿日:2013/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 入園したての娘に

    入園したてでまだ泣いて毎日通ってる娘に「ようちえん」というキーワードとかわいい絵から魅力を感じ、娘に元気を与えてくれたらと思って図書館で借りてきました。

    ぐるんぱというかわいいゾウが大きくなって、仕事を探さなければならなくなり、自分にあった仕事を求めいろんな経験をしていくお話。

    最後にぐるんぱにとっての天職が見つかってよかったね。

    娘の担任の先生もまさに天職だなぁって思うくらいにとても優しくて明るくて楽しい先生。

    徐々にでもいいから、幼稚園が大好きで居心地いいって思えるふうになってほしいななんて思いながら読み聞かせました。

    新学期の読み聞かせなどにもいいんじゃないでしょうか。
    ちょっとかわいそうだなと思う場面もあるけれど、イキイキしていて楽しい絵本です。

    投稿日:2013/05/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰にでも自分のできることがある!

    ぐるんぱの幼稚園、と何とも可愛らしい絵とタイトルなのに、冒頭ひとりぼっちで汚くて臭いぐるんぱの登場です。しかも泣いてます。
    えー?!そっからスタート?!と意表をついて、ぐんぐん惹きつけておいてから、ぐるんぱは社会生活にスタート!
    そもそも、ぐるんぱは何で一人だったのか。汚かったのか。それは一切説明されません。でも、だからこそ最後にぐるんぱが自分のできることを見つけて、ホッとしたあと、色々想像したり考えたり、親子で話したりできるのかもしれませんね。
    ストーリーの骨子がしっかりしていて、だからこそ余計な説明はいらないってことかな。
    明るいイラストと、見たこともない大きなお皿や靴など、想像の世界を十分堪能できて、楽しくて素敵なお話です。
    そしてさりげなく、これから生きていく子供達が未来に希望を持てる気がします。
    みんなみんな、誰だって。どこかで何かできること、あるんだよ!って。

    投稿日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人になってから読んでも

    よく「入園前にオススメ」のコーナーで見かけていました。
    初めて読んでみましたが、意外と大人も感動する場面が、あるのではありませんか。
    きっと、どんな人にもピッタリの場所ってあるんですよ。
    そこにたどり着くまでの道のりだって、無駄にはならないはず。
    そう信じられそうです。

    投稿日:2012/09/17

    参考になりました
    感謝
    0

67件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

全ページためしよみ
年齢別絵本セット