かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかん
作: ふくいりえ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
登場人物が飛び出てくる!? 不思議な図書館のものがたり、はじまります!

へいわってすてきだね自信を持っておすすめしたい みんなの声

へいわってすてきだね 詩:安里 有生
画:長谷川 義史
出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2014年06月
ISBN:9784893095879
評価スコア 4.74
評価ランキング 963
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 今、いろいろときな臭い感じの世の中です。
    日本が戦後一生懸命歩んできた平和への道。
    それがおびやかされてはいけないと
    強く思っていたときに出会った絵本です。
    小学校一年生の沖縄の端っこの島の
    男の子が書いたという詩。
    子どもらしいのだけど、
    平和っていうものについて的確に言い表し、
    そして、その尊さをしみじみ感じることができます。
    長谷川さんの絵もとってもすばらしい。
    これは、『へいわってどんなこと?』といっしょに
    平和学習に欠かせない絵本となりますね。
    小学生の読み聞かせにぴったりです!

    投稿日:2014/07/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • 平和について考えさせられます。

    7歳次女が学校で読んでもらった絵本です。「小学生の男の子が書いたんだよー」と得意げに教えてくれて、また読みたいとリクエストされて借りてきました。

    とっても素敵な文章。今ここにある平和な情景について書いてあるのですが、子供の素直な純粋な言葉が、胸に刺さります。身の回りの当たり前、そして戦争がもう起こらないように願う気持ちが書かれています。すごくいい絵本です。

    投稿日:2017/09/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 沖縄から

    沖縄の小1の男の子の詩に
    長谷川義史さんの絵という本です。

    何の飾りもない、ストレートな詩が
    平和を願う心を強くうつします。
    式典で、この詩が朗読された時
    地元沖縄のおじいおばあたちは、涙したのだそうです。

    沖縄からの平和の詩ということが
    とても意味深い気がします。

    投稿日:2017/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 平和

    タイトルに惹かれて図書館から借りてきました。あとがきに、この詩は、小学校1年生の安里有生くんが書いた「へいわってすてきだね」という詩ですと紹介されてました。平和がずっと続いてほしい気持ちが素直に表現されてて純粋な気持ちや素直な気持ちがとても力強く表現されてます。いつまでも平和な世の中であり続けることを祈りたいです!

    投稿日:2017/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 伝わってほしい

    • ほっこり日和さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子6歳、男の子5歳、女の子1歳

    沖縄の一年生の男の子が書いた詩に、長谷川義史さんが絵を描かれた絵本だそうです。
    へいわってなんだろうから始まるこの詩。何気ないこの当たり前と思っている日常の中にたくさんの幸せが隠れていること、平和であることの幸せ、純粋でまっすぐなことばと長谷川義史さんの力強い絵から伝わってきます。

    一人でも多くの人に届いてほしいメッセージ。

    ぜひ、おすすめの絵本です。
    大人にも読んでほしい絵本です。
    贈り物にも年齢問わずおすすめします。

    私は、長谷川さんの絵本が大好きな男の子の5歳の誕生日にプレゼントしました。

    投稿日:2015/11/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素直な言葉

    当たり前のことだけど、いや、当たり前のことだから、ストレートな言葉が響きます。
    想いがとても伝わってきました。平和なのが当たり前の日本だからこそ、改めてその素晴らしさを感じさせてもらいました。
    大人にも子供にも、しっかりメッセージが伝わる良本だと思います。

    投稿日:2015/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 沖縄の与那国島の1年生の安里くんの詩  
    子供の純粋な気持ちが 素直な心で書かれていて 感動しました
    私は安里くんに学ばされました

    かつて日本においても戦争で多くの人がなくなりました 沖縄も戦争の爪痕が残されています

    平和って なにかな  ぼくはかんがえた
    おともだちと なかよし  かぞくが げんき  えがおで あそぶ
    平和だからこそ 安里君が 自然の恵みに感謝して 笑顔で過ごしている今  平和が ずっと つづくようにと願っているのですね

    やさしいこころが にじになる へいわって いいね 平和って うれしいね
    こんな ステキなことばで 私たちに 平和の大切さを 学ばせてくれてありがとう!
    安里君は 戦争の悲惨さもちゃんと わかっていて  戦争は 怖ろしい   
    おなかがすいて くるしむこども 家族が 死んでしまって 泣く人たち
    悲しさを ちゃんと感じられる安里くんですね

    碧い海の与那国島で生きる 安里君の願い!
    これからも ずっと 平和が つづくように  ぼくも ぼくのできることから がんばるよ
    大人も彼の言葉に 学ばされます

    長谷川さんのあとがき
    安里君に 感動されて こんな素晴らしい絵を 描いてくださったのがうれしいです

    安里くんの 朗読の声が聞こえてきそうです!  

    投稿日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素直な子どもの気持ち

    与那国島に住む1年生の男の子が、『へいわ』について考える授業の中で書いた詩に、長谷川義史さんが絵をかいてできあがった1冊です。
    自分が住む、自然に恵まれた島で目にした様子から、平和って何かを考え、言葉にしていますが、とても素直に表されていることに、感動しました。さらに、長谷川さんの描く絵の世界で、さらに自然観、平和観がとても感じられます。
    平和な場所で生活できることに感謝しながら、この状態をずっと守り続けていくことを、改めて強く感じました。

    投稿日:2015/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなのこころから

    娘と同い年の子が書いた詩が絵本になったということで、読みたいと思いました。
    シンプルな言葉が、すーっと心に入ってきました。長谷川義史さんの素朴な絵もぴったりと合っています。
    平和な世の中について、改めて感じ、考えさせられる作品です。
    「みんなのこころから、へいわがうまれるんだね」という小学校1年生の言葉には圧倒されました。

    投稿日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一人の小学生の紡ぎ出す言葉が、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    こんなにも多くの人の心を打ち、涙を流させてしまうのですね。私もいつも感じています。日々の生活の中で、この平和な時間がいつまでもいつまでも続きますようにと。男の子の詩は勿論、長谷川先生のあとがきもまた泣けます。

    投稿日:2014/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ねずみくんのチョッキ / じゃあじゃあびりびり / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.74)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット