しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

やめろ、スカタン!」 みんなの声

やめろ、スカタン! 作:くすのき しげのり
絵:羽尻 利門
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2014年07月21日
ISBN:9784097265467
評価スコア 4.39
評価ランキング 11,616
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • そううまくなるかな…

    道徳の教材のような感じがしました。個人的には、もし私が子どもだったら、大人がこういうことを言いたいのね…と察知して、それなりの大人が喜ぶような感想を言っていたと思います。
    この絵本を、心から納得できる共感できる子どもっているのかな…絵は温かみもあって分かりやすくて好きです。

    投稿日:2019/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子!

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    男の子どうしの、よくあうr日常。
    冗談で遊びあっていたら、本当に怒らせてしまったり、自分ができないことを知られたくなくて、まじめに頑張ろうとする子をからかってしまったり。
    それでもすぐにまた仲直りをしてふざけあう関係がいいですね。

    投稿日:2017/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛おしい関係!

    子供の頃のこういう経験ってとても大切なんだな〜と親として思う絵本でした。
    相手と自分との微妙な気持ちの違いが「スカタン」を起こしてしまう。
    もう一歩手前で止めておいたらこんなことにはならなかったのに。
    その線引きの難しさといいますか,わかりますね(笑)。
    大人になったらなかなか「スカタン」と言いえある関係は難しいです。
    気持ちでは怒ったり腹が立ってもいてもそれを正直には出せない。何気なく距離を置く関係になることを決めるくらいですもの。
    「スカタン」と言い合え笑って仲直りできる子供時代って何て愛おしいのでしょう!羨ましいものですね。

    投稿日:2016/05/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 扉絵は、早朝のラジオ体操。夏休みなんですね。
    小学3年生ぐらいでしょうかね。
    仲良し三人組のサトシとシンゴとマサトがプールへ。

    しばらく遊んでから、シンゴが「水に顔をつける練習をする」っていうところから事件は、始まりました。
    シンゴの練習にお手伝いとばかりに水をかけたマサト。
    「邪魔するな」と水をかけ返してきたシンゴに、・・・・・・。
    冗談と真剣のボーダーラインは、友だち同士といえども人それぞれで、その時のコンディションも影響しますね〜。
    シンゴくん、゛顔つけ゛できていないから、焦ってたかな?

    この後、本当に怒ってしまったシンゴを追いかけ、プールを出ます。
    ここからがいいですね〜。
    怒らせてしまった友だちを追いかけ、なんとか許してもらおうとしていた二人。
    そこへ嘘のようなスコールもどきのどしゃぶりの雨。
    この雨に助けられましたねぇ〜。
    上からのアングルが素敵です。
    そして、この後の滝修行に笑ってしまいました。
    暑い季節には読んでいて、気持ちよくなるほどの光景です。

    羽尻先生の描く子どもたちの喜怒哀楽の表情がとってもリアルで、読んでいて心情がよく伝わってきました。

    くすのき先生の言葉を借りれば、本人はいたって本気で、まじめに、楽しくやっているつもりが、スカタンなことをしてしまうことが子ども時代にはあるものです。

    〈あとがき〉に、「スカタン」と言ったり言われたり、怒ったり怒らせてしまったり、あやまったりあやまられたり、許したり許されたり、そして笑いあえるのは、この三人が対等な関係であり、本当に仲の良い友だちだからです。と、ありました。
    本当にそうです。対等″な関係こそが真の友だち関係だと思います。

    子どもたちには、数は多くなくとも、気が置けない仲間づくりをこの夏も続けてほしいと思います。

    投稿日:2015/08/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 元気いっぱいな男の子たち

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子15歳

    プールの波しぶきに、大粒の雨。
    水の表現が凄い!と思った。

    夏休みの学校のプール。
    やってきたのは三人の男の子たち。
    ふざけ過ぎてしまって、ともだちを怒らせてしまう。

    「やめろ、スカタン!」と、プールじゅうにシンゴの声がひびくシーンは、
    彼の感情がよく表れている。

    気まずい雰囲気で、プールを後にする三人。
    すると、急に空が曇って、大粒の雨が!

    突然の土砂降りの雨に、
    修行だと言って、顔から雨を受ける三人。
    滝のように降る雨に、
    修行をする三人。
    バッカだなぁ〜(笑)
    でも、好きだよ。こんな子。

    雨を表現するのって難しいって思うけど、
    この絵本の雨は、素敵だなって思った。

    そう、この「水」が、この物語のキーになっているからこそ、
    惹きつけるものが大きい。

    些細なことから始まったケンカ。
    男の子って、単純だけど、カラッとした関係がいい。
    対等な関係だからこそ、
    ケンカもするが、仲直りも早い。

    男の子の友情・・・堪能させてもらった。

    「スカタン」という言葉は、なんとなく知ってたけれど、
    使ったことはない。・・・たぶん。
    使っている子っているのかな?

    投稿日:2015/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ケンカできる付き合いは対等

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    くすのきさんは最近、ご自分で絵を描かれるより、お話を提供する方が多くなりましたね〜。なぜでしょう?
    わたしはくすのきさん自身の絵柄も好きなんですが…。(いろいろあるのかな?)

    この作品は暑い夏にはピッタリの男の子たちの友情物語です。
    友だちだってケンカすることはある。友だちだって許せないことはある。
    一方的ないじめはイヤだけど、ケンカは(ケンカのできる付き合いは)対等な感じがします。
    この絵本を読んで、改めて思いました。

    この作品って、ちょっと昭和の香りがします。
    今の子どもたちって、この本のサトシやシンゴ、マサトのように真っ向からぶつかるケンカって、あまりしなくなったような気がします。
    こういう生身の付き合い方ができる子どもたちを育てていきたいなぁと、ひとりの大人として思いました。

    投稿日:2015/07/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子の友情

    6歳長女と読みました。スカタンという意味をこの絵本を読むまで知らなかったのですが、場にそぐわないことや、そういうことをした人に向けて使う言葉なんですね。この絵本は男の子を育てたことのない私には、とっても新鮮でした。男の子の友情ってこんな感じなのかな?夏に読むのが一番かなと思います。

    投稿日:2015/02/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 爽やかでみずみずしい物語

    爽やかでみずみずしい、そして夏休みが懐かしくなる絵本です。

    加減が分からず、友達を怒らせてしまっている小学生男子…町でもたまに見かけますが、
    大人が心配しなくても、ちゃんと仲直り出来るんですよね。

    むしろ仲直りは、子供たちのほうが得意なのかもしれません。

    どしゃ降りの雨に振られている場面、服を乾かすために走る場面が、特に好きです。

    投稿日:2014/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「スカタン」って、知っている言葉だけど、多分使ったことはありません。
    でも、思いっきり大声で「スカタン」って言いあえる友だちにはあこがれます。
    似た者同士の三人組の、スカタンな夏の一日。
    精一杯生きているから、スカッとした気分になれる子どもたちだと思います。
    読後感がとてもさわやかでした。

    投稿日:2014/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • この三人の友達関係は羨ましいですね
    男の子ならではの関係

    プールで顔が漬けられない子は良くいます。 私も保育士の頃 夏は毎日プールで遊びました(保育園にしては大きいプールで、縦8メートルはあり、大人でも潜って泳げました)
    この時の思い出で、顔の漬けられない子がいたことを思い出します
    シャワーで顔を洗ったり   洗面器に顔をつけて練習したりしたことをおもいだします
    シンゴはプールに顔をつけるのが怖くて・・・・練習しているときに 友達のマサトが思いきり顔に水をかけた 
    「やめろ!スカタン!」  子の気持ちわかるよ
    でもこの後が・・・・この三人の友達としての深い関係だな〜

    雨のシャワーを頭からかぶりながら 「ぼくも かおをつけるのは にがてなんや」 「ぼくも かおつけは あんまり できんのや」

    このシーンは感動的です
    こんな友達がいることは宝物ですね

    大人になっても大事な友達ですね

    スカタン  誰かに 子どもの頃言われたような そうでなかったような?
    でも スカタンはよく知っている言葉です

    投稿日:2014/08/14

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.39)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット