アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ねこくんいちばでケーキをかった」 みんなの声

ねこくんいちばでケーキをかった 絵:ユーリー・ワスネツォフ
編訳:たなか ともこ
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年07月25日
ISBN:9784001112474
評価スコア 4.29
評価ランキング 16,666
みんなの声 総数 13
「ねこくんいちばでケーキをかった」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 素敵な詩集

    たまたまタイトルに惹かれて開いてみたらロシアわらべ歌とのことですが、詩集という感じで楽しみました。

    「おーい、くまをつかまえたよ」が個人的には一番好きですけど、どの詩も面白かったです。イラストも異国情緒溢れるものばかり。「おててのことりさん」のイラストは明るくて賑やかでポストカードにして飾りたいくらいです。

    年齢問わず読む価値あり!だと思います。

    投稿日:2018/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が美しいです。

    ロシアのわらべうたの本です。
    この絵本は、とにかく絵が美しいのが特徴です。
    時々ながめたい絵本です。

    また、短い言葉に、リズムやユーモアがあって、外国のわらべうたとはいえ、わらべうたらしい面白味があります。

    投稿日:2017/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩と絵を楽しむ絵本

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    ロシアのわらべ歌とありましたが、メロディが分からないのにカラフルでかわいらしい絵を楽しみながら、詩のように読んでいきました。
    日本にはない名前や、あまり思い浮かべない動物が出てくるところに外国の歌だな〜というおもしろさがありました。
    子ども達には、いまいちよく分からないみたいで、あんまり…という反応でした。

    投稿日:2017/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 固有名詞や擬音が多いロシアのわらべうた

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    表題作はロシアのわらべうたの一つで
    「ねこくん いちばで けーきを かった
     そのあと とおりで 白パン かった
     ひとりで たべてしまおうかな?
     ポーレンカにも あげようかな?
     じぶんで ちょこっと かじったら
     ポーレンカにも あーげよ!」というやつです。

    ちょっと、ポーレンカって、誰!?て、思うでしょ?
    他のわらべうたにもよく見ると固有名詞が多くて、ワーシャとか、カーチャとかワーシカとか登場します。

    日本のわらべうたには、大概同じような節回しがつきますが、ロシアのわらべうたって、どんな風に口ずさむのでしょうか?気になります。

    他に紹介されているものもどれも、かささぎやふたやねずみなど、身近な動物たちが登場するものが多かったです。
    あと、不思議な掛け声の擬音がいろんな歌に入ってました。
    ちなみに日本で有名な「おおきなかぶ」は、もともとロシアのわらべうただったんですね〜。これも載ってました。
    細かいところを見るといろいろ面白いですが、この本だけを淡々と読み聞かせしても面白くない気がします。
    何か他の関連作品と合わせてこの中のいくつかを紹介する。という形がよさそうです。

    投稿日:2015/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母親のぬくもりが込められて

    ロシアのわらべ歌集です。
    ユーリー・ヴァスネッツォフさんの絵が素晴らしい。
    北ロシアの古い町ビャトカ(現在のキーロフ市)に生まれです。
    森と川に囲まれ、厳しいながらも美しい銀世界一色の冬、春にたつおもちゃ市では、ビャトカの民族工芸である粘土細工が並べられていました。ユーリーさんの絵には、この故郷の原体験が投影されているように感じます。
    わらべうたには、洋の東西を問わず、母親のぬくもりが込められていると思います。
    編訳者あとがきをお読みになれば、ロシアの母親たちの子育ての様子が思い浮かぶと思います。

    投稿日:2015/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズムがわかれば、もっと楽しめます

    ロシアのわらべうたをまとめた絵本らしいのですが、
    リズムがわかるものが、ひとつもない・・・。
    なので、ただ詩を読む感じになってしまい、娘の反応は
    薄かったです。
    きっと楽しいリズムがあるんでしょうね。
    勉強不足でした・・・。
    ただ、絵がとてもきれいなので、私は、絵を見て楽しみ
    ました♪

    投稿日:2015/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 華麗です!

    まるで、画集のように美しい絵本です。

    歌詞に対して、挿絵が描かれているのですが
    そのイラストが、1枚1枚、本当に素晴らしいのです。

    歌詞を読んで受けた印象を、見事に表現していると思います。
    どのページも額に入れて飾っておきたいくらいの華麗さです。

    投稿日:2015/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 味のある挿絵が魅力的!

    親である大人の私が読みました。
    ロシアのわらべうたが描かれた絵本ですが,私が知っているのは「おおきなかぶ」だけだったので,他のお話とても興味深く読みました!
    短いお話として子供に読んであげるのもいいですよね。
    そういう意味では小さなお子様から十分に楽しめると思います。
    挿絵が何とも味があり魅力的でした!!
    素敵な挿絵で見応えありました☆

    投稿日:2014/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • わらべうた

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    ロシアのわらべ歌の絵本です。
    とにかくすべてのページの絵が美しくとってもきれいなのです。
    見開きで一つのうたになっているのですが
    うたにあった雰囲気のある素敵な絵に
    ついつい見入ってしまいます。
    大人の絵本として手元に置いておきたいくらい
    かわいらしく癒されます。

    リズムがわからない歌がほとんどなのですが
    知ってたかのごとく勝手にうたって読みましたわらべうた

    投稿日:2014/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ロシアのわらべうた

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ロシアのわらべうたの本です。
    どんな調子でうたうのでしょうね?
    調子が良くてかわいらしくてわらべうたっていいなーと思わされました。
    うただけみていても情景が浮かんでくるようです。
    すてきな絵が描かれていてそれも合っていて良かったです。

    投稿日:2014/10/03

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット