話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ

いろいろいろんな日」 みんなの声

いろいろいろんな日 作:ドクター・スース
絵:スティーブ・ジョンソン ルー・ファンチャー
訳:石井 睦美
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1998年
ISBN:9784892386909
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,145
みんなの声 総数 11
「いろいろいろんな日」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 思春期の子どもに手渡したい

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子12歳、男の子9歳、男の子7歳

    ドクター・スースといえば、ちょっととぼけたナンセンスものを描く大家という印象が強いのですが、こんなメッセージ色の強いものもあってびっくりします。

    これは、とてもシンプルな絵本です。
    色彩も派手でなく、文章も短く端的で、詩を読んでいるようです。
    でも、とても感じるものがあるのです。
    いろいろな気分の自分、いろいろな面を持った自分、全部ひっくるめて自分。それでいいんだと思えてきます。
    思春期の子どもにさりげなく手渡したいような絵本です。

    投稿日:2007/05/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • ドクター・スースは心を 色で表現したら こんなにも発想が豊かなんだな〜と思いました

    いろんな日があって、いろんなぼくがいる

    こころが おおきくうごいて かわっていくのが 
    こころがうごく、きぶんがかわる。 

    かみしめながら詩を味わい 考える 

    赤い馬 心が 跳ねるのが 伝わるようです(表現がすごい!)

    落ち込んでしまうときは・・・・・? ちゃいろいきぶん? なんだかちょっと違う感じですが・・・・?

    スースは 色で豊かな表現を 自由にしているのが おもしろい

    きれいな いろがたくさん そのまざりあう センスがいいな〜
    芸術的でもあり 哲学的でもある
    ステキな絵本です

    思春期の人や 大人の絵本ですね

    投稿日:2020/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今の気分は何色?

    悩める若者にお薦めの絵本です。
    いろいろな気分があって、それはいろいろに変化していくものです。
    今の自分を色に例えたら、違う色の自分も想像できるのではないでしょうか。
    違う色の自分になれるような、自己肯定の絵本です。

    投稿日:2019/07/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気分

    詩のような文章ですね。
    文字の大きさなどにも変化があって、より伝わってくるようでした。
    ハッピーなとき、落ち込むとき
    いいときだけでなく、ネガティブな気分も受け止めるように描かれていることに、共感しました。
    ネガティブな自分を否定するのでは、悲しいですからね。

    投稿日:2013/07/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • イラストの割に高学年向けだと思います。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    ナビの他の方も感想に描いていましたが、
    この絵本は一見に小さい子向きのようなイラストですが、
    実は小学校高学年か中学生くらいになってから手にした方が、
    ぐっと身近に感じられる作品だと思います。

    可愛いしょうがパン人形のようなカラフルな人型が、何体も出てきますが、こういう「心のイメージ」は低年齢では理解しにくいと思います。
    もし、幼稚園くらいでこの絵本を読んであげたのなら、小学校の高学年くらいにもう一度読んであげてください。

    投稿日:2009/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何色の日?

    • しのべさん
    • 30代
    • ママ
    • 茨城県
    • 女の子1歳

    色って感情と結びついているんだと思うことがある。
    着る服で気分が変わったり、逆に気分によって選ぶ服の色も違う。
    この絵本も、色によって気分が変わる様子が描かれている。
    動物や昆虫でたとえるのもわかりやすくて、インパクトがあった。
    自分が今日は何色の日かたとえて考えるのも楽しそうだ。

    投稿日:2009/12/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幼児というよりも中学生向け

    4歳の娘に読んで聞かせたのですが
    やたらといろいろな色の人物があらわれる・・・くらいの印象しかなかったようです。
    心の内面を掘り下げたお話なのでピンとこないのも仕方ないかもしれませんね。
    ただ“あんこくの日”のページには怖い怖い!とやたらと叫んでいましたが。
    思春期の様々な思いの中で 自分ってなんだろう??
    誰でも考えますよね。
    いろんな自分がまぜこぜになっていて大丈夫だよ。
    いずれハッキリとしてくるもんなんだ、焦らなくてもいいよ。
    っていうメッセージがハッキリと伝わってきます。
    もう一度大きくなってから娘に読んで欲しいと感じました

    投稿日:2007/10/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心を色で表すと。。

    きいろいきぶんってどんな気分?
    あおいきぶんってどんな気分?
    いろんな日があって、いろんな気分の日があります。
    それは大人だって子どもだって一緒。
    心が動いて、気分が変わる。
    色は変化して、気分を伝えてくれる。
    でも、どんな色をしていても、私は私!
    いろいろあるから、今の自分がいるんだ♪
    いろいろあるから、楽しいんだね♪
    この絵本は、気持ちをいろんな色で表しながら、
    最後にはすっきりと気持ちよくまとめてくれています。
    大人が読んで、心落ち着かせられる絵本なのかも
    知れませんね^^☆
    私はこれを読むと、とっても前向きになれます♪

    投稿日:2007/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんな「ぼく」になれる。

    • そやでさん
    • 20代
    • その他の方
    • 大阪府

    「いろ」には感情がある。きれいにあかいきぶんの日は、かろやかな馬のよう。・・・という風に、色によって抱くイメージを動物にたとえて表現してあります。
     何といっても良いのが、豪快に描かれた絵。最も好きだったのが「鳥のようにはばたくあおい日」。粗く白塗りされた中央にでっかく鳥が翼を広げ、いまにも飛び立とうとしています。この絵だけでもすごくパワーを感じました。

    使われるフォントにもこだわってあり、サイズの大小はもちろん文字の幅を狭めて「心模様の不安さ」を表現してあったりと、あらゆる角度から楽しめます。色鮮やかなので「これ」と思った絵は忘れることが無いと思います。好きな子なら「あれ、あれ読んで」とせがむんじゃないかな。
    同一内容ではユッタ・バウアー著「色の女王」に似た印象を受けました。

    投稿日:2007/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子ども達のバイブル

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    ぼく・・ぼくは一人だけど、楽しいときもあれば悲しいときもある。
    いつもは優しいねといわれるぼくだってめちゃくちゃに怒りたいときもある。
    そんなのは・・ぼくじゃないって言われそうで抑えれば抑えるほど溜まってきてしまう『何か』

    こどもだけじゃないですよね・・私達おとなだって毎日気分が違うし、一日の中でも気分が変わるものです。
    大人はなんとなくやりすごしてしまうけど、純粋な子どもには自分で自分が分からなくなるときってあるんじゃないでしょうか・・・??


    きいろいきぶん、あおいきぶん・・いろんな色の人型という単純なモチーフが基本のこの絵本。
    なのにどのページも「あっ・・わかる!」って感じでいろいろあっていいんだよ。と優しくささやいてもらっている感じがします。

    思春期に入るころの子ども達目に触れてほしい1冊です。

    投稿日:2007/03/05

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット