このほんをなめちゃダメ! このほんをなめちゃダメ!
文: イダン・ベン=バラク 絵: ジュリアン・フロスト 訳: 福本 友美子  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
読み聞かせに大人気! 顕微鏡で見たきもちわるーい写真と、 細菌のキャラクターが面白い!  手洗い習慣も身につく絵本。

エリザベスは本の虫」 ママの声

エリザベスは本の虫 作:サラ・スチュワート
絵:デイビッド・スモール
訳:福本友美子
出版社:アスラン書房
本体価格:\1,600+税
発行日:2003年
ISBN:9784900656352
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,794
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 一途なエリザベス

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、男の子1歳

    実在の女性を元にした絵本。
    エリザベスは、大の本好きで、いつでもどこでも本を読んでいます。
    お年頃になっても、おしゃれな服なんて目もくれずに、とにかく本を買う!

    とうとう、家に入りきらないくらいの本に囲まれて、
    エリザベスは、蔵書のすべてを街に寄付し、
    その本でひとつの図書館が街にできます。

    そして、毎日エリザベスは図書館に通って、やはり本を読みます。

    こんな風に一途に、一生ひとつのことだけを好きになって生きていけるのって、とても幸せなことだし、
    一種の才能だなぁ・・・と思います。

    私も本が好きだけど、他にも好きなものがいっぱいあるし
    服だって欲しい、美容院に行きたい、かわいい食器買ったり・・・新しいオーブンほしいな・・・
    パソコンだって最新とまでいかなくてももっとイイのがほしい・・・。

    とてもじゃないけど、エリザベスに顔向けできないくらい、浮気性です(笑)

    それに、我が子がエリザベスのように、ひとつのことばかりに熱中していたら・・・
    果たして「たまには外で遊んだら?」とか言わずに、見守ってあげられるかな?
    いや、きっと、口出ししちゃうだろうな^^;
    そう考えると、エリザベスの親は、子どもの好きなことを存分にやらせてあげて、エライよなぁ。
    とてもキレイな絵で、夢中になって見てしまいますよ。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • みごとな本の虫。

    4歳娘も楽しんで、何度も読みました。

    どのページにもユーモアがあり、また絵とぴったりの物語で、心に残る1冊になりそうです。福本友美子さんの作品なので選びました。

    エリザベスは本を読んでるだけでなく、行動力もあって、引き込まれていきます。こんなに夢中になれるくらい本を楽しめるというのは、どんな気分でしょう。

    掲載日:2016/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私もかなり本好きではありますが、エリザベスほどでは
    ないかもなあ。
    だからかもしれませんが、少し寂しかったのです。読んで
    いる間。
    大好きな本に囲まれていて、本のことばかり考えていれば
    幸せかもしれないけれど・・でもほんとうに?と。
    「この本はこんなに素敵なのよ」と語り合うことのできる
    友達がいなければ、いくら本に囲まれていても、ふとした
    時に寂しくなってしまうのではないかなあ、と。
    おばあさんになって、一緒に暮らすお友達がいたことに
    そのお友達もどうやら本が好きらしいことに気づいて
    安心しました。
    そうでなくっちゃね。

    掲載日:2011/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も娘も共感

    • ポピンズさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    最初のページ、空からエリザベスが降ってくる場面が印象的です。
    こんな本に囲まれた幸せな生活、私も送りたい、と夢が現実になったかのような絵本。
    子ども達に読み聞かせた時は、高学年の子などは「どうやって本買うの?お金は?」など現実的でしたが、そんな現実を度外視して、家中本の壁の中にティーポットを置いて、心ゆくまで読書を・・・
    デートをするよりも本。
    ずっとそう思っていたから、私も結婚しなかったら、こんな風な幸せな人生もまたあったのか、と物思いにふけってしまいます。
    子どもの時に出会っていたら宝物の一冊になったでしょう。
    最近「本好き」を自覚し始めた娘も、「これ私みたい」と。
    折りしも、ミュージカル『美女と野獣』を観にいって、歩きながらも本を読み続けるベルに感銘を受け、「ベルって私に似てる」とか「あんな図書室があったらいいなぁ」と、ありとあらゆる「本好き」ワールドに親しみを覚え始めた娘。
    この絵本を読んでふと、娘も私のように、なるのかなぁ、と思いました。

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさに本の虫!!

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子7歳、女の子4歳

    「本の虫」な長女に読みました。・・・私が読み聞かせるよりも早く、本の虫な長女が先に読んでましたが。

    エリザベスの本好きはすごい!!
    ここまで本好きを全うできる人生ってすごいです。彼女は幸せだったでしょうね。でも、きっとまだまだ読み足りないのでしょうね。

    長女に「本の虫」って何?と聞かれました。新しい言葉を覚えていくのも、本を読む楽しみのひとつでしょうね。

    掲載日:2010/04/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • オリンピックに本読み競争欲しいですね

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子18歳、女の子16歳、女の子14歳

    究極の本好き人間ってこんな人生を送るのかな。

    挿絵の随所に我が家を見るようで、妙に感銘したりして…
    本を読みながら歩いて壁にぶつかる所とか本でドアがふさがれて
    しまう所など、うちだけじゃないのねとほくそ笑んでしまいました。

    どんどん本を買い増ましていく主人に文句を言い、宿題よりも読書を
    選ぶ娘にも小言を言っていた自分をちょっぴり反省しました。

    読み進む中で、この生活ではエリザベスにはお友達が出来ないのでは、
    と心配もしましたが、大きなお世話でしたね。

    それにしても帰り道がわからないので、家を買ってしまうなんて…
    その家が後年、図書館になるのがとっても素敵。

    掲載日:2010/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 娘のお気に入り

    エリザベス程ではありませんが、私も本の虫といえるかもしれません。そして我が娘も…。
    娘が繰り返し読んではニコニコしたいました。
    「すごいね、すごいね、本当にこういう人がいたの?」
    「本の虫って何?」なんて読みながらいろいろと問いかけられたのが印象的でした。娘にとってちょっとわかりにくい言葉もあったようですが、それでも図書館で借りたら毎日の様に繰り返し読んでいましたので相当気に入った飲んだと思います。
    大人が読んでも楽しめます。
    エリザベスの様な人生も魅力的かもしれない…なんてふと考えてしまいした。なんだかうらやましいような気すら…。

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も私も本の虫

    私も小さい頃から本の虫とよく言われてきましたが、
    まったくエリザベスの足もとにもおよびません!!

    だけど本が好きな人なら、み〜んな共感してしまうのではないかな。

    そして、彼女のように生きれたら!!なんて思うかも。

    本のない人生なんて、ありえない!!という人には絶対読んで欲しい絵本です。

    そして、この絵本を読んだあとは、必ず読書したくなります。
    なので大好きなお菓子とお茶と、それから大好きな本を用意しておくこともおすすめします。

    掲載日:2007/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本が好き!

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子11歳

    実在した図書館員、エリザベス・ブラウンのおはなし。
    とにかく生まれてからずっと本が大好きなエリザベスの一生。
    とにかく読書に没頭するエリザベスの姿が圧巻です。
    そして、その姿が最後まで延々と続きます。
    え?本ってそんなに面白いの?と子ども達が思ってくれたらいいのですが。
    いかにも本の虫、という眼鏡、やせっぽちという
    ステレオタイプ的な描かれ方には少し不満ですが、
    本に夢中になる姿には共感できました。

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 共感しました。

    絵本ナビ内を検索している途中で気になった本で、今回読んでみました。共感するところしきり。正に私もエリザベス。

    私にとって図書館や書店は本の森のようなところで、疲れている時に行くと元気になります。本のない人生なんて考えられません。近所にこんな図書館があったらいいなと思いますし、自分の集めた本をたくさんの人にも読んでもらいたい気持ちはよくわかります。

    レビューを寄せてこの本を紹介してくださった方々に感謝申し上げます。そして私も本好きな方にご紹介したいと思います。

    掲載日:2007/08/22

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / とんことり / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット