なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

おいぬさま自信を持っておすすめしたい みんなの声

おいぬさま 著:荒戸 里也子
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2014年08月20日
ISBN:9784592761778
評価スコア 4.18
評価ランキング 20,189
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 2年生の教室で読みました

    • みいのさん
    • 50代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子17歳、女の子12歳

    江戸時代の言葉、それもお城で暮らすお殿様やお女中やお武家さまの言葉が沢山でてきますので、わかりにくくて質問責めになるかと思いきや、子供たちは絵を面白がって興味深々でした。
    意外とおしっことおならは大ウケまではせず、体を洗ってもらったおいぬさまが、毛を乾かしてもらっているページでなぜか爆笑。
    「うちわに犬って書いてある!」と大喜びでした。
    おいぬさまの表情も面白かったのかもしれません。
    そしてなぜおいぬさまが大きいのか?という謎が残ったようでした。

    投稿日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 設定がおもしろい!

    時代物が好きで、犬も大好きな
    私にはビンゴ!な絵本でした。
    犬のかわいらしさがたっぷり入っていて、
    でも、全体的にとぼけた雰囲気で
    もう最高!
    犬種が狆ってところも
    リアリティがあっていいですね!
    小型犬なのに大きい、でも
    小型犬の性質は生き生きと持ち合わせている。
    なんとも奇想天外でおちゃめな絵本でした!

    投稿日:2014/08/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • くせになりそう

    表紙の絵とタイトルを見ただけで、イヌ好きとしては読まずにはいられない。
    でも、期待しすぎてがっかりしたら、どうしよう。そんな不安をかかえつつ読みはじめてみれば、予想はしっかり裏切られ、期待をはるかにこえておもしろい。だって、いい意味で変なおはなしだったから。
    時代ものの設定と大きすぎる小型犬。
    しかも、犬は普通の犬のすることをしているだけ。なのに、まわりが右往左往。
    読み終わるとまた読みたくなる。ひょうひょうとした「おいぬさま」が見たくて。なんだかくせになりそうな絵本でした。

    投稿日:2015/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • おいぬさま、と言えば綱吉。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    このちんという犬種は私が2番目くらいに好きな犬種なんですが、このお犬様は規格外のでかさです。読んだ後「こりゃ面白い絵本じゃわい」と昔の人の喋り方を真似したくなります。ちなみに綱吉は出て来ませんでした。

    投稿日:2015/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おいぬさま」の動きや表情に「ぷぷぷ……」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子19歳、女の子14歳

    目の付け所が面白い作品でした。
    「おいぬさま」の動きや表情が面白かったです。
    思わず「ぷぷぷ……」と、笑ってしまうシーンが満載!

    この作者さんはMOEグランプリの大賞をとられた方だそうですが、絵本になったのはこの作品が初めみたいです。

    1つ1つとても丁寧に描かれているけれど、余計な情報はしっかり省いてある。
    どこを見てほしいのかきちんと計算されて作ってあるなぁと、思いました。
    江戸時代の「生類憐みの令」などの話をチラッとして、小学校高学年から中学生、高校生の子どもたちに読んであげてみたいです。

    読めば読むほど味が出るお話かも!
    読み返してみるたびに新しい発見があって面白いです。
    特に1つ1つの仕草をしているときの「おいぬさまの」表情、もっと言えば目を見てほしいな。

    投稿日:2014/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ぶぅぅ〜!

    全頁試し読みで読みました。とほうもなく大きなおいぬさまは、お世話をしてくれる人がいっぱいいるけれど、お友達がいないのはかわいそうだと思いました。ばけねこのちゃとらぼうずに、「ぶぅぅ〜!」とたった一発のおならなのに、凄い威力であまりの臭さにすっかりやられたちゃとらぼうずがどんどんしぼんで小さくなって普通のねこに戻ったのには、びっくりしました。悪戯すきで好き勝手をしているおいぬさまだから退屈はしないけれど、やっぱりもっと自由がほしいと思いました。平民、平凡がなによりです。

    投稿日:2014/09/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 我が家にもいます(笑)

    我が家にも‘おいぬさま’がいます。
    普通サイズの小型犬ですが、存在感は絵本と同じくらいビッグです。

    多くの家庭で犬に限らず動物を飼っている時代です。
    しかしながら、しっかりと躾が出来て
    ペットといい関係を作ることが出来ている家庭はどの位あるのでしょうか。

    その辺りをシニカルに描いているように感じられ
    なんだか居心地が悪いような気持ちで読みました(笑)
    いや、もしかしたら‘こどもさま’もモチーフになっていたりして。
    大人にとっては身につまされるお話のようでもありますが
    子どもが読者だったら お犬様の破天荒ぶりを手放しに楽しめそうです。
    語り口調が特徴的なので
    読み聞かせたり音読したりすると更に愉快な気持ちになるかと思います。
    また、大きく描かれたお犬様や化け猫が暴れまわる場面は迫力満点でした。

    甘やかして育ててしまったせいか
    我が家のお犬様も言うことを聞いてくれないことが間々ありますが
    何と言ってもつぶらな瞳がなんとも愛くるしいし、
    時には番犬の役目を果たしてくれたりもするので、
    私も絵本の殿様と同様にお犬様が可愛くて仕方ないのです。

    投稿日:2014/08/28

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.18)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット