もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ねずみが ぱくっ!」 ママの声

ねずみが ぱくっ! 作:西村 敏雄
出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
本体価格:\838+税
発行日:2014年09月05日
ISBN:9784592761761
評価スコア 4.2
評価ランキング 20,076
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • だと、思った!

    kodomoeの付録でついていたので読みました。

    とっても気に入ったので、実際に絵本が販売されてからも

    気に入って読んでいます。

    こういう単純な繰り返しって子供は大好きですよね。

    分かっていながらも、続きが気になる。

    このお話もまさにそんな感じです。

    小さい生き物からだんだん大きくなっていき、

    また小さいものに戻る。おもしろいお話です。

    投稿日:2014/12/04

    参考になりました
    感謝
    2
  • ねずみがねこのしっぽにぱくっ!ねこはイヌのしっぽにぱくっ!というぐあいに、どんどんぱくぱくしていって、最終的にまたねずみにもどってきました。みんなでぱくぱくぐるぐるするのが楽しそうで、うちの子も洋服のすそをぱくぱくしたがりました^^;
    字が少なくてページも少ないのですぐに読み終わります。
    何度も読まされましたが、単純でわかりやすいからこそ、良かったみたいです。

    投稿日:2016/06/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 単純だけど面白いです

    6歳次女に読みました。表紙のねずみがぱくっとしたのはmフランスパンではなくて(笑)ネコのしっぽでした。びっくりしたネコは別の動物のしっぽをぱくっ!次女は「ふつうはねずみがぱくってされる方だよね」と不思議そうでしたが。次から次へぱくっぱくっ。次女はとても楽しかったようです。そして最後は「やっぱりね」と。どういう意味かはぜひ読んでみてください。

    投稿日:2016/02/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • はらぺこねずみさんが、ぱくっ!と食いついたのが、ねこのしっぽ。
    ねこは驚いて、いぬのしっぽを、いぬは・・・・・・。

    ぱくっ!をされたみんなの驚いた表情は、必死ですが、最後にねずみがされたあとは、ぱくぱく ぐるぐるで、なんか楽しい表情に変わっていますよ。

    ちょっとしたアクシデントも遊びに変えちゃうって、子どもの才能でしょうね。
    あっ、ここでは動物たちの才能と言っておきましょう。

    投稿日:2015/08/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何のしっぽかな

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    表紙を見た感じで食べ物の絵本かと思っていたら違いました.

    ねずみさんがぱくっとしたのはねこのしっぽ.それからどんどんみんなしっぽに噛みついていきます.
    ぱくっとされてみんなびっくりしているのに,みんなでぐるぐるしているときはにこにこ笑顔で楽しそうです.

    最後のページはやっぱりそうなるんですね.ねずみさんにこにこしながらぐるぐるしてる場合じゃなくなっちゃいましたね.

    投稿日:2015/02/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 好き好きはあるかも。

    4歳幼稚園年少さんの娘と読みましたが,もう少し年齢が小さい子向けの絵本かも知れません。
    しっぽをぱくっとすることをどう捉えるかで賛否も分かれそうな絵本です。
    娘の反応はイマイチでした。
    最後は輪になり,動物達は楽しそうな様子だったのに救われましたが。

    投稿日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • わくわくからにこにこへ

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    表紙は、ねずみがおいしそうなフランスパンをぱくっとしようとしてるけど。。。とびらを開くと、ぱくっとするものは、ちがうものでした。そんなおどろきをくれるのが、うれしいですね。そして、ぱくっとするものはどんどんつながっていく。その連続がわくわく感を生みます。次はその次はどうなるの?という期待をふくらませるのが上手だなあってつくづく思います。
    そして、最後は、思わずにっこりしてしまう結果に。みんなが笑顔になれる瞬間が待ってるので、お楽しみに。そしてそして、それだけでは終わらないおまけつき。ねずみさんならではのオチがついてきます。
    集中する時間が限られた(笑)小さい子に読んであげるのにちょうどいい長さながら、読む大人も十分はまってしまう魅力のつまった一冊です。

    投稿日:2014/12/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • シンプル絵本

    ねずみが猫、猫が犬、犬が豚、、、最後は牛、牛が最初のねずみのしっぽをかじって丸くなります。

    シンプルで簡単な話ですが、子供は笑って喜んでいました。

    でも、小学生にはちょっと簡単な気がします。2-3歳くらいが最適かと思います。

    投稿日:2014/11/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぱくぱく連鎖〜

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子5歳、女の子1歳

    動物がぱくっと次々噛むお話。
    単純です。
    絵が温かみのある感じで、読み聞かせしやすいです。
    ただ単純すぎるのか5歳の娘には
    いまいちでした。
    最後には
    噛んだ動物たちが輪になってぐるぐるやっています。
    目新しさはないですが、たのしい絵本です。

    投稿日:2014/10/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • ぱくって!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    ねずみがぱくっ!
    ってねこのしっぽに飛びつきます。
    そのねこが今度は犬のしっぽにぱくっとします。
    ぱくっとされた動物の表情がかわいすぎて
    完全にツボに入ってしまいました。

    そして正気にもどってねこがねずみにぱくっとさせて〜と
    追いかけるのもおかしかったです。

    投稿日:2014/10/03

    参考になりました
    感謝
    1

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / しょうてんがいはふしぎどおり / おうさまがかえってくる100びょうまえ!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット