つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん
作: ジェニー・ジャコビー 絵: マイク・ラブ & ビアトリス・ブルー 訳: 田中薫子 監修: 平山廉  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
トリケラトプス、ティラノサウルスなど、5つのポップアップを自分で作る、ずかん絵本!

あかくんとあおくん」 ママの声

あかくんとあおくん 作:ガブリエル・ゲ
訳:ふしみ みさを
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2014年09月05日
ISBN:9784265850686
評価スコア 4.29
評価ランキング 16,831
みんなの声 総数 6
「あかくんとあおくん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 新鮮な絵本

    6歳4歳の娘たちに借りました。信号の赤と青が主役っていうお話ってなかなかないと思います。

    赤くんと青くんの喧嘩だったり、青くんが逃げだしてしまったり、読んでいてとても新鮮でした。最後はやっぱり、赤くんと青くんは一緒にいなきゃなーと。これから信号機を見る目が変わりそうです。

    投稿日:2014/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 喧嘩しちゃった青くんと赤くん

    3歳7ヶ月の息子に図書館で借りました。
    彼は、最近幼稚園で交通安全講習を受け、信号に興味をもったようなので。

    信号機が主人公でお気に入りの車がたくさん出てくるので、
    息子はとても気に入ったようです。
    信号機の赤くんと青くんが喧嘩をして、しっちゃかめっちゃかに光り、
    事故も起こり、青くんが信号機を飛び出して…というストーリー。

    ストーリー自体はどうってことないのですが、
    鳩が出てきたり、一緒におやつを食べたりすることも楽しいようです。
    そして大好きなクレーン車(レッカー車に限りなく近い)が出てくるところも。

    この絵本の絵は独特です。
    ほぼ夜の絵なのですが、赤くんも青くんもネオンカラーのようできれいです。
    色づかいがおもいろい。
    そして、だんだん夜が明けていくところも。

    それから…それから…
    何だかこの文字のフォントが手書きっぽくて、
    青くんと赤くんに親近感が持て、とてもいいのです。
    上から目線ではないというか。
    このフォントを使おうと決めた人はすごいと思います。
    ちなみに表紙、裏表紙の見返しの絵も私は好きです。

    投稿日:2014/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 信号機を見る目が変わる

    厳格なあかくんと楽天的なあおくん。
    そんな風に信号機を見たことがなかったので、とても新鮮に感じました。

    あおくんが飛び出して、おいしいものを食べに行って(!)一体どんな結末になるのだろうと思ったのですが、最後はちゃんと仕事していました。

    ひとつの信号機だけどあかくんとあおくんを別人格に描く、というところが面白いなぁと思いました。
    信号機を見る目が変わると思います。

    投稿日:2017/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもウキウキ

    ずーっと昔から知ってるけど、手が届かない存在の“あかくん”と“あおくん”。
    そんなふたりが、じぶん達と同じ目線に下りてきてくれた。
    なんだか、嬉しい!だから、うちの娘も表紙で食いついた♪

    けれど、ふたりが持ち場を離れた町は、大混乱!
    あっちも、こっちも、大変なことに!!

    注目度ナンバーワンのふたり☆
    より身近な存在になってくれるのは嬉しいけど、やっぱり頭の上の存在くらいがちょうどいいのかもしれないですね(笑)

    町なかでアイドルに出会えたような、とってもウキウキするお話でした!

    投稿日:2014/12/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤信号と青信号のけんか

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子18歳

    フランスの作家による作品。
    赤信号と青信号のけんかを描いてあります。
    人マークなので、「あかくん」と「あおくん」なんですね。
    なるほど、その気持ち、わかります。
    けんかしたので、信号機がめちゃめちゃになり、車がぶつかり、
    はずみで「あおくん」が放り出されて、車にひかれて!?
    なんとも、交通ルールの大切さを体感してしまう展開です。
    とにもかくにも、けんか云々の状況じゃあ、ありません。
    早速元の仕事を粛々とこなすのですね。
    夜の出来事だけに、色彩が鮮やかで、絵もポップで愉快です。
    交通事故をどう描くかは難しいところだと思います。
    でも、そのあたりもふんわり伝わってくるので、
    信号機について興味を持ちだしたお子さんにいいと思います。

    投稿日:2014/11/17

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット