かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかん かいぶつのとしょかんの試し読みができます!
作: ふくいりえ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
登場人物が飛び出てくる!? 不思議な図書館のものがたり、はじまります!

きみはぼくだね」 ママの声

きみはぼくだね 作:かさい まり
絵:岡田 千晶
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2014年09月19日
ISBN:9784865490138
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,681
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 春風のいたずら

    「だいすきのしるし」「うさぎくんとはるちゃん」の絵の人だ!とすぐにわかりました。
    優しくて、温かい絵で癒されます。
    春風のいたずらがキーワードなお話だったので、少しずつあたたかくなってきた今の季節にピッタリで、なんだかとても嬉しくなりました。
    読み終わった後、「きみはぼくだね」のタイトルを読み返すと、またキュンとなってしまいます。

    投稿日:2019/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいお話

    最初表紙の男の子の顔と

    タイトルをみて、悲しいお話かな?と

    不安でしたが、そうではありませんでした。

    壁に貼られている絵は

    くまのぬいぐるみの絵です。

    男の子が描いてくれました。

    きみはぼくだねというのは

    そういう意味だったんですね。

    読んで納得できました。

    投稿日:2018/11/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 凄く心があたたかくなる絵本です。ぜひいろんな方に読んで欲しいです。くまのくうちゃんは、ゆうたくんがら書いたくうちゃんの絵を初めは、似てなくて変なの〜と思うのですが。はるかぜが吹いて…。ねこのミーヤが絵をグチャグチャにしちゃったあとの、くうちゃんもかわいいです。くうちゃんみたいな優しい気持ちになれたらいいなと思います。

    投稿日:2015/08/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後は優しい気持ちに。

    6歳5歳の娘たちと読みました。

    ぬいぐるみのくうちゃんは、ゆうたくんが大事にしているくまのぬいぐるみ。ゆうたくんはくうちゃんの絵を描いてあげて、壁に貼るのですが、くうちゃんは気に入らないようで。「くうちゃん、ひどい」と言う娘たち。でも、くうちゃんの気持ちにだんだん変化が。くうちゃんと、ゆうたくん。お互いを思いあう気持ちがとっても素敵な絵本です。

    投稿日:2015/02/13

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • みかんのひみつ
    みかんのひみつ
    作:鈴木 伸一 監修 絵:岩間史朗 写真 出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    冬の代表的な果物、みかん。みかんの実の特徴やなり方などを美しい写真で紹介します。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット