となりのトトロ となりのトトロ
原作: 宮崎 駿  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

まばたき」 パパの声

まばたき 作:穂村 弘
絵:酒井 駒子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2014年11月10日
ISBN:9784265081370
評価スコア 4.03
評価ランキング 23,101
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この絵本に流れる静謐な時間

     絵本制作の現場を知らない。
     例えば、絵本作家と呼ばれる人であれば、文も絵も一人で担当して一冊の絵本を造る。
     では、文と絵が別々の作家だと、どういう割り振りになるのだろう。
     文を担当する書き手が文章だけを書き、書かれた文章にイメージを膨らませて絵を担当する絵描きが描いていくのだろうか。
     あるいは、文を担当した書き手が絵描きにここにはこういう絵を描いて欲しいとお願いをするのだろうか。

     この絵本の場合、文を担当しているのは、短歌界の新しい波を築いて、現代短歌の第一人者でもある穂村弘さん。絵は、自身絵本作家として多くの絵本を造り、本の装丁にも多くの作品を提供している酒井駒子さん。
     そんな二人が一冊の絵本を造ったのだから、どんな風にして出来上がったのか興味が尽きない。

     何しろこの絵本には、「しーん」「カチッ」「はっ」「ちゃぽん」「「みつあみちゃん」」、これだけの言葉しかない。
     文を書いたのは穂村弘さんであるのは間違いないが、これだけで酒井駒子さんが絵をイメージしたのだろうか。
     例えば、「しーん」には、花の蜜を吸う紋白蝶が描かれている場面が2枚。もう1枚は、その花から飛び去る紋白蝶が描かれている。
     一方は「しーん」の三文字、対する絵描きは3枚の絵を描く。
     これは読者としての私の推測だが、穂村さんと酒井さんは何度も打ち合わせをしたのではないだろうか。
     「しーん」という言葉に込めた意味を穂村さんが酒井さんに説明する。酒井さんが最初の図柄を描く。穂村さんがこういうのはどうだろうと提案する。酒井さんが、それではと描き直す。
     そういう工程があって、「しーん」に紋白蝶が描かれたのではないだろうか。
     あくまでも、絵本制作の現場を知らない読者の思いではあるが。

     穂村さんがこうして欲しいと譲らなかったのは、最後の「「みつあみちゃん」」という言葉の絵だと思う。
     この絵本のタイトルが「まばたき」とあるように、「みつあみちゃん」がたった3枚の絵で老婆に変わるのは、「まばたき」をするだけのわずかな時間。
     穂村さんはそれだけは譲らなかったのではないでしょうか。
     なんとも奥深い絵本だ。

    投稿日:2015/03/22

    参考になりました
    感謝
    3
  • すこし怖い絵本です

    瞬きする間の微妙な風景の移り変わり。
    さりげない風景が酒井駒子さんの絵で、重厚さと深みを増し、その先にあるブラックホールの予感に緊張感の高まっていく絵本です。
    鳩時計のハト、ネコの突然の殺意、紅茶に溶けていく角砂糖も何故か意識を持っているようです。
    最後のシーンは、瞬間を人生に置き換えているようですが、あまり真剣に考えてしまうと、やはりちょっと怖い絵本ですね。

    投稿日:2015/01/16

    参考になりました
    感謝
    3
  • まばたきしている間

    • ふじみんさん
    • 40代
    • パパ
    • 埼玉県
    • 女の子7歳、男の子4歳

    まばたきする時は、
    当然ながら目を閉じる。
    目を閉じている間の光景は、
    一瞬であっても視界は暗黒になる。
    この絵本が見せてくれている1ページ1ページは、
    まばたきしている間に我々の視界から消えている一瞬を
    切り取っているのかも。
    目を覚ましている時間は、
    視界に入るすべてのものを途切れることなく
    見ている、と思い込んでいるが、
    実は断続的にしか人間は世界を見ていない。
    そんなことを思った。

    投稿日:2018/08/31

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / スイミー 小さなかしこいさかなのはなし / かいじゅうたちのいるところ / モカと幸せのコーヒー / ちいさなエリオット おおきなまちで

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.03)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット