虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
タケえさん 30代・ママ

虫が鮮明に!
虫の拡大写真です。 私も息子も虫が大…

禎子の千羽鶴自信を持っておすすめしたい みんなの声

禎子の千羽鶴 著:佐々木 将弘
絵:くまおり 純
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2013年07月
ISBN:9784052038174
評価スコア 4.33
評価ランキング 13,899
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 禎子さんのお兄さんが書かれた本

    広島の修学旅行の前に、子どもが借りてきました。
    原爆の子の像を見に行く前に、学校でも勉強しますが、禎子さんのことを書かれた本の中で、親の私が一番、心に響いた本です。
    というのも、この本は作者が実の兄であるという点です。

    兄から見た妹の禎子さんの様子が、他の本とは違いリアルに描かれている気がしました。

    禎子さんは、本当に家族思いだったことを感じると胸が熱くなりました。
    始めの千羽鶴は自分の病気が治りますように・・そして、次の千羽は父の借金がなくなりますように・・と小さな12歳の心で病床にいることを心苦しく思っていたのでしょう。

    我が子もこの本を読んだ後に、自分が今健康に生きていることは当たり前ではなく、感謝しなくてはならない、今年は昨年以上に祈りをこめて千羽鶴を折りたいと感想に書いていました。

    小学生の子どもさんが平和、戦争を学ぶ時にはよく佐々木禎子さんのことを学習しますが、こちらの本は是非おすすめしたいです。

    投稿日:2018/08/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 兄が語るサダコ

    原爆の子の像を作るきっかけとなった佐々木禎子の物語はいろいろあって、絵本についても様々に脚色されているのですが、この本は実の兄が語る身内からの物語です。
    2歳違いの兄が、どこまで親子の事実を掘り起こせているかは別として、生身のサダコが伝わってきました。
    絵本では、家族のことがよくわからなかったのですが、禎子だけではなく苦難を乗り越えてきた佐々木家の実態は、戦争と殺伐として人間も明暗を語っていました。
    これが戦争なのですね。
    絵本で知るサダコだけではなく、ノンフィクション、手記を読むことでサダコと折り鶴と平和運動を理解して欲しいと思います。

    投稿日:2014/06/08

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット