もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

あなあきしかけえほん ちいさなおたまじゃくしなかなかよいと思う みんなの声

あなあきしかけえほん ちいさなおたまじゃくし 作・絵:デビー・ターベット
訳:きたむら まさお
出版社:大日本絵画
本体価格:\1,500+税
発行日:2006年
ISBN:9784499281393
評価スコア 4.17
評価ランキング 20,652
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵がカラフルで鮮やかです

    表紙の絵から凄く気に入ってます。絵が、カラフルで鮮やかなので惹かれる私は、ページを捲る毎に惹かれてしまい魅入ってしまいました。
    おたまじゃくしが、1匹ずつ減っていくのも数を学べていいなあと思いました。やっぱり、そんなしかけも魅力です。最後のかえるの登場もやっぱりと思ってもよかったです!

    投稿日:2016/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供が自分で選んだ絵本

    2歳のお誕生日祝いに買いました。
    本屋で色々見てる中でとっても気に入ったようでした。
    何回か読んでいると1匹いなくなっているのに気づいたようで
    前のページと今のページをいったりきたりしながら取り残された
    おたまじゃくしを指差しています。
    最後のページは何度読んでも喜んでくれます。
    カラフルな絵も可愛いし、ちょっと高いけど買ってよかったです。

    投稿日:2009/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 進まない。。。

    おたまじゃくしとかえるが好きな息子が発見してきた本なのですが、しかけ絵本で読んでいくうちにおたまじゃくしがいっぴきずつどこかに行ってしまうしかけになっているのですが。。。

    ページをめくるごとに、いっぴきずついなくなるので何回も何回も数を数えて本当にいなくなったか確認をしているため、全く次のページに進まなかったです。

    それだけ夢中になった証拠だけど。。
    それにしても進まなかった。

    おたまじゃくしだけを数えるのではなくて、他のとんぼやかめの数を数えたりして遊んでいました。

    数に興味を持ち始めた子、小さい子にぴったりです。

    おたまじゃくしがいろんな色をしているので見た目もとってもきれいです。
    しかけになっていて、本が厚いので小さい子でも穴に手をいれたりして本に親しんでもいいと思いました。

    投稿日:2008/06/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット