話題
真夜中のキョーフ

真夜中のキョーフ(フレーベル館)

5つの「キョーフ」があなたを襲う!!

  • びっくり
  • その他

ボクはじっとできない 自分で解決法をみつけたADHDの男の子のはなし」 ママの声

ボクはじっとできない 自分で解決法をみつけたADHDの男の子のはなし 文:バーバラ・エシャム
絵:マイク&カール・ゴードン
訳:品川 裕香
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2014年11月14日
ISBN:9784265850822
評価スコア 4
評価ランキング 25,934
みんなの声 総数 2
「ボクはじっとできない 自分で解決法をみつけたADHDの男の子のはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • じっとできない病

    ADHD(注意欠如・多動性障害)理解としてセレクト。
    デイヴィッドはじっとできない行動で、周りから迷惑がられているのですね。
    その解決策を自分で考えるというストーリー。
    まずは情報。
    「じっとできない病」であるという事実。
    そして、対策。
    注意・集中力カードや、タイマーの活用、ストレス・ボールを握ること。
    解決救急箱という発想も素敵です。
    さらには、友だちの中にも、軽度の病があるということ。
    まずはこの認識があるだけで、対策もできそうですね。
    意外に存在するこの病。
    あとがきには、自己効力感、ということも書かれてあります。
    小学生くらいから大人まで、学べると思います。

    投稿日:2018/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分で自分の「病い」の解決法を考えた

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    小学校低学年くらいのころ発見されやすい発達障害ADHDを
    分かりやすい絵本の形で紹介してくれているシリーズです。

    この本の主人公デイビッどは本人いわく「じっとしれられない病」正式には「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」という障害です。
    このデイビッドのすごいところは、自分が“じっとしていられない性分”なのだということを理解していて、それをしないためにはどうしたらいいかを自分で考えだしたところなのです。
    それがデイビッドの「解決救急箱」!

    例えば、じっとしれいられなくなりそうになったら「ストレスボールを」握る。
    (これは、実際に取り入れている学校が聞いた気がします)
    例えば、紙に書いて、○○をすると形で合図する。
    (これも確か、取り入れていますよね)

    こういうことを考えられるところが、天才的な力も秘めている学習障害なのだな〜と、思いました。
    後書きに詳しいことは書いてありませんが、この絵本に登場する子どもたちにはたぶんモデルとなる子がいて、絵本で紹介されているようなトラブルや解決方法があったのだろうと思います。
    とても読みやすく親しみやすいシリーズです。
    同年代のお子さんたちも、指導・支援する学校関係の方々もぜひ読んでもらいたい作品です。

    投稿日:2018/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


石川宏千花さん、書店員・兼森理恵さん 対談インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット