話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

ぼくとテスの秘密の七日間自信を持っておすすめしたい みんなの声

ぼくとテスの秘密の七日間 作:アンナ・ウォルツ
訳:野坂 悦子
絵:きたむら さとし
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2014年09月
ISBN:9784577042182
評価スコア 4.17
評価ランキング 21,580
みんなの声 総数 5
「ぼくとテスの秘密の七日間」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 訳者あとがきで、「オランダ語児童文学の『今』を伝える作品」と紹介されているとおり、思春期の入り口に立った子ども達の不安や混乱、喜びが瑞々しく描かれています。

    子どもが宿るということ、死ぬと言うこと、家族のこと、自分の存在のこと…。

    初夏のオランダの島を舞台に繰り広げられる、10歳のサミュエルと11歳のテスのはつらつとした物語に、深く大切なテーマが自然に織り込まれ、無理なく心に沁みてきました。

    子どもにも、大人にも、おすすめできる、爽やかで、希望に満ちた一冊です。


    *「死」や「にんしん」についての下りがあるので、気になる保護者の方は、子どもに渡す前に、一読されるのがいいかもしれません。子どもの質問に答える準備のためにも。

    投稿日:2020/08/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人生を見つめる純粋な目

    小さな島に、一週間のヴァカンスにやってきた10歳の男の子、サミュエルは、11歳の女の子テスと知り合います。
    二人は、89歳のおじいさんが、大切にしていたカナリアのお葬式を
    ていねいにおこないます。
    テスには、その週とても大きな出来事が待ち構えていました。
    少年と少女の純粋な心を通して、家族の愛や、別れ、死などを
    真剣に考える作品となっていると思います。
    このあいだ、同作者さんの「100時間の夜」を大変興味深く読みました。いまのところ、この2冊しか翻訳されていませんが、どちらも面白く
    もっと邦訳されれば嬉しいです。

    投稿日:2017/05/16

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / だるまちゃんとてんぐちゃん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / 1つぶのおこめ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第4回『かみさまのベビーシッター』 幸介くん&ボンテン様インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット