新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり

サルくんとバナナのゆうえんち」 みんなの声

サルくんとバナナのゆうえんち 作:谷口 智則
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
税込価格:\1,650
発行日:2014年11月
ISBN:9784799901083
評価スコア 4.47
評価ランキング 9,604
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 面白いし、いいお話でした。
    この作家さんのファンになりそう…
    絵も、独特で、個性的です。
    色にも深みがあり、温かみもあります。

    なんだか切ない気持ちになります。
    大人にもおすすめです。
    結婚のお祝いにできる絵本を見つけました。

    投稿日:2017/10/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • ぐいぐいと引き込まれます

    とても印象的な色使いで、ぐいぐいと絵本の中に引き込まれました。

    この作者さんの絵本は、初めて読みましたが
    起承転結がハッキリとしており、非常にわかりやすいです。

    ページの端っこに、さる君の持っているバナナの数が描かれているのも、面白い発想だと思いました。

    きっとバナナの数が足りなくなっちゃうんだろうなぁとは予想しましたが…
    予想以上に優しく温かい展開に、ほっとしました。

    投稿日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 心優しい物語

    主人公のサルくんは、いつもひとりぼっち。
    毎日散歩に出かけてバナナを食べるけれど、ひとりぼっちだから楽しくありませんでした。

    そんなある日、バナナの皮に滑って、穴の中に落ちてしまいました。
    すると、モグラが出てきて言ったのです。
    「バナナバイクで たのしいところに つれていってあげるよ。 でも のるには きみのもっている バナナが 1ぽん ひつようだ」

    バナナを渡して行った先には「バナナのゆうえんち」があって、どのアトラクションでもバナナを1本渡さないと乗れませんでした。
    そうして色々なアトラクションで遊びながら、サルくんは、あることに気付きました。

    それは、ウサギさんが常に一人でいるということでした。



    いつもひとりぼっちのサルくんは、他の人のひとりぼっちに敏感だったのでしょう。
    だからウサギさんの寂しさが自分のことのように感じられて、何とかしてあげたいと思ったのかもしれません。

    おかげさまで二人は困難を乗り越えて、友だちになります。

    バナナから始まってバナナで終わる、心優しい物語。

    寂しい気持ちを抱えている全ての人に、読んでもらいたい1冊です。

    投稿日:2021/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 友達になりたいな

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子8歳、男の子6歳

    さるくんをはじめ、動物たちのこの表情が見れば見るほどかわいく見えてきます。
    ひとりぼっちのさるくんが偶然たどり着いたバナナの遊園地は、アトラクションに乗るにはバナナを1本渡さなければなりません。絵本の右上に描いてあるさるくん手持ちのバナナの数が、アトラクションに乗るたび減っていくのが面白いですね。ゲームやってるみたいです。さるくんは、同じように一人ぼっちのうさぎさんを見つけ、気にはなっているものの、声をかけられずにいます。ついに声をかけたのはお化け屋敷の中でした。一緒にお化け屋敷を進むうちに仲良くなった2人。お化け屋敷を出て、1本のバナナを二人で分け合う姿に、さるくんにも大切な友達ができてよかったなとほっとしました。勇気を出してうさぎさんに声をかけてよかったですね、さるくん。

    投稿日:2018/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 2年生の教室で読みました

    • みいのさん
    • 60代
    • その他の方
    • 東京都

    独特なタッチの絵で、耳の黒いウサギさんには少し抵抗を感じました。
    楽しそうなバナナの遊園地に居ながら、サルくんとウサギさんはそれほど楽しんでいないように見えました。

    子どもたちの反応が楽しみで、2年生の教室で読みました。

    迫力のある見開きのサメのページで、前半ののどかな遊園地の様子と雰囲気が変わります。
    大半の子どもがびっくりする中、「アトラクションでしょ」と冷静な子もいました。
    読み終わってからみんなで、見返しの遊園地の地図を見ました。
    扉の絵と裏表紙の絵も見くらべました。
    「このイスに座るのは誰かな?」と聞くと、ちゃんと女子が答えてくれて、やっぱり女の子だなぁと思いました。
    先生が笑いながら、子どもたちに大人っぽい質問をしましたが、2年生にはまだ関係ないようでした。

    投稿日:2018/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • バナナのすごさ

    バナナはすべてを解決してくれる!!
    この本を読んで、そんな気がしました。

    とにかく私自身がバナナ好きなので
    「バナナ」と書いてあると、吸い寄せられてしまいます。
    とても繊細な筆遣いのバナナボートに動物たちが乗っている表紙にくぎ付けになり、
    手に取りました。

    孤独なサルが、ウサギさんと出会ってお友達になるまでのお話なんですが
    来るべきイベントに向けてカウントダウンしていくような、バナナの仕様になっていて
    ワクワクします。
    ゾウのジェットコースターやクジャクの観覧車といった
    動物にうまく寄せた遊園地のアトラクションもとてもかわいく
    とても温かみを感じる一冊です。

    バナナって、やっぱりすごい!!

    投稿日:2017/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • お友達作りの絵本

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    いつも一人のさるくんが、遊園地で、独りぼっちのうさぎさんに出会います。
    なかなか声をかけられなかったけれど、勇気をだして優しさをしめしたら、すてきな友達になれたという、とても分かりやすくていいお話しでした。
    ゾウのジェットコースターや、くじゃくの観覧車など、乗り物がどれも楽しそうでした。

    投稿日:2017/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい一日

    このお話は、普通の一日を過ごしていたサルくんが自分の持っていたバナナをあげてバナナの遊園地を楽しむお話でした。でも、遊園地の最後には友達のうさぎさんがお化け屋敷で泣いていたのを男らしく助けてあげていました。遊園地で楽しんで、友達もできてとっても充実した一日を過ごしてとっても楽しそうなサルくんのお話が楽しかったです。

    投稿日:2016/04/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • サルくん、うさぎさん、よかったね。

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    最近気になる作家さんだったので、
    こちらの作品も息子に読んでみました。

    たくさんの動物がでてきて、
    遊園地もバナナだらけで、乗り物もバナナで、
    サルくんの頭にもバナナが乗っていて、
    サルくんの残りのバナナも数えられるようになっていて、
    子供の心を引き付けるポイントがもりだくさんです。

    そのなかでも、ひとりぼっちの寂しさや、
    誰かがいてくれることの心強さ、
    お友達ができたうれしさなど、
    たくさんの気持ちもぎゅっと詰まっていて、
    とても素敵な一冊です。

    投稿日:2016/03/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んでよかった

    前から気になっていた1冊です。

    絵が少しブサ可愛くて気に入ってます。

    サルとバナナ、これさえあればこの物語は

    どんどん進んでいくことができます。

    絵本の右上にバナナが書かれていますが、

    一つ一つなくなっていきます。

    これを見ながら読んでいくとさらに楽しいです。

    文字がないページがひとつありますが、

    ここの絵が迫力あります。

    投稿日:2016/03/01

    参考になりました
    感謝
    0

18件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / よるくま / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


4月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット