ぼんやきゅう ぼんやきゅう
文: 指田 和 絵: 長谷川 義史  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
亡くなったひとたちと、いまを生きているものとの交信、それが、盆野球。

1999年6月29日」 ママの声

1999年6月29日 作・絵:デイヴィッド・ウィーズナー
訳:江國 香織
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,360+税
発行日:1993年
ISBN:9784892388767
評価スコア 4.35
評価ランキング 12,962
みんなの声 総数 16
「1999年6月29日」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵がすごい!

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子5歳、男の子2歳

    図書館で見かけて、
    「あっ、『かようびのよる』の人の絵だ!」と
    喜んで借りてきました。

    空で野菜を育てる研究をしている、
    科学好きの女の子ホリー。
    でも、野菜は巨大化して地上に舞い降ります。
    その中に、ホリーが実験していない野菜もありました。
    さて、上空では何が起こっているのでしょう・・・?

    1999年というと、ノストラダムスの大予言で当時大騒ぎでしたね。
    それを揶揄した絵本なのでしょう。
    息子たちはそんなこと知るわけないのですが、
    とにかく大きい野菜を見て大ウケです。
    宇宙人が野菜を落としたのが、なぜこんなに大きくなったのか?
    我が家でも議論が巻き起こりました(笑)

    文章は、外国の地名や野菜の名前がややこしくて、
    長男に読む時は、彼の了承を得て、
    平易な言葉に置き換えて読みました。
    江國さん、もう少し日本の子どもにわかりやすい訳にしてくれたらよかったなぁ。
    たとえ絵の野菜と違ってもいいから。

    投稿日:2011/09/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 調べたらもっとオモシロイ?

    • ちうやかなさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子13歳、男の子10歳

    私は子どもの頃「ノストラダムスの大予言」にビビっていたので、
    あれを皮肉っているのがわかって大変おもしろかったです。
    私の息子たちはもう「ノストラダムス」を知りませんが、絵で爆笑しました。
    「恐怖の大王」が空から降りてくるのはたしか「7の月」。
    だから「6月29日」なのかな。
    友人が「『かようびのよる』の野菜バージョンがあった!」と
    教えてくれて、探して借りました。
    「大野菜」の英語名と降りた地名・・・頭文字が一緒ではないかな?
    随所に登場する英字・英文も全てあやしい。
    きっとそんな仕掛けやイタズラが色々ちりばめられているんじゃないか・・・
    と思うのですが、よくわからず残念です。(ホントに調べようかな)
    出された1993年当時のアメリカの子たちなら、
    きっと作者のパロディやギャグをちゃんと理解できて、
    もっと楽しめたのではないかと思います。
    建設中止になった「じゃがいも王国」の「胸像」なんかも・・・
    レーガンとブッシュ父・・・?あと2名、誰?!
    ラストは『猿の惑星』なみのどんでん返しでスバラシイ。

    投稿日:2008/06/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 野菜が!!

    若き科学者(女の子)の野菜の実験が、とんでもないことに!?
    というお話です。お話といっても、ドキュメンタリー番組を見て
    いるような感覚で、淡々といろんな事実が発覚していくので、
    ページをめくるほど、目が離せなくなります。

    「かようびのよる」では、葉っぱに乗った大勢のカエル達が浮遊
    していましたが、こちらでは、なんと巨大な野菜が浮遊します。
    これが女の子の実験とどう関わってくるのかがポイントでしょうか。

    そして、巨大な野菜を目の当たりにした人々の驚く様子や言動が
    またおかしくて笑わせてくれます。息子も読みながら、何度も
    笑っていました。「かぶだああっ!」が笑いのツボだったようです(笑)

    そして、実験で使った野菜の行方もまた意外な展開で、最後の
    最後まで目が話せませんでした。
    女の子の実験結果の結論も、冷静で好きです(笑)

    想像力を掻き立てられる、素敵な1冊だと思います!

    投稿日:2013/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親が楽しい絵本

    漂流物でデイヴィッド・ウィーズナーにはまり、もちろん親がですが。今回この本を読みました。3歳の子供には全体の話の面白さは解らなかったようですが、リアルな野菜がとても大きくておかしいところや、見たことも無い外国の野菜に興味津々でした。そして、最後の宇宙人がうっかり野菜を落としちゃった場面が大好きです。パパに絵本を見せながら、得意げに説明してあげてました。

    投稿日:2012/10/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • オチに登場する宇宙人たちの顔が良かった

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    甘さにアメリカチックなSFの世界が繰り広げられています。
    一つ一つの描写がとても細かくて丁寧に描きこまれているので、
    たとえSF系のお話が苦手な人でも、読んでいるとあっという間にウィーズナーの作品の世界に入り込んでしまいそうです。

    小学校高学年か中学生くらいの女の子の壮大な実験!!と、思っていたら、実はそうではなかったんですね〜。
    最後のオチに登場する宇宙人たちの顔が、今流行りのクシュッとなる柔らかい素材のクッションみたいで、面白かったです。
    この宇宙人たちのモデルはタコのようですね〜。

    細かくてリアルな絵が好きなお子さんや、SFが好きな人たちにお薦めします。

    投稿日:2012/01/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • すごい発想!

    • JOYさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子8歳、女の子6歳、男の子3歳

     主人公ホリーが長い研究の末、宇宙に打ち上げた野菜の苗が、巨大な野菜になって地球に舞い降りてくる、という突飛な発想の物語です。

     ニュースキャスターの報道のような真面目くさった文体と裏腹に、巨大野菜に埋め尽くされるアメリカの町の様子はとてもユーモラス。子どもたちの目は釘付けでした!

     使われている言葉は少し難しく、小学校高学年ぐらいでないとすらすらとは読めないかもしれませんが、大人にとってはこれが面白みだと思います。

    投稿日:2010/10/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえないぃ〜

    • 花ぶらんこさん
    • 40代
    • ママ
    • その他
    • 男の子11歳、女の子9歳

    主人公・ホリーが企てた実験、種の袋がついた箱を
    風船のようなもので空に放っています。
    大概こういうのは男の子が得意分野って感じがしますが
    女の子ってのがいい。
    そしてなんと地上に落ちてきたのは巨大化した野菜群たち!!!
    キャベツなんてお行儀良く並んで空に浮いてるし
    自分の家の庭にドーーーンとブロッコリーが横たわっていたらビックリしますよね?
    巨大野菜を後にちゃんと生かしてるのが笑える。
    でもホリーが飛ばしてない野菜までが
    地球に下りてきているのは何故?最後を読んでフフフ、そういうことか。
    巨大化しても味はどうなんでしょうね?

    投稿日:2007/07/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世紀末は不思議なことが・・・

    1999年ってところが、一時期世界を震撼させた
    予言のようで“なにかが起こる予感”を感じさせます。

    子供の想像力を現実の物にしたか?
    って思って私も子どもたちも「ホントに?」
    「すっげ〜!!」って驚かされてしまいました。
    でもラストで・・・やられた〜!!(><)
    そういうことか〜!!

    娘は、地図を持ち出し地名を探しながら読み進めたり
    英語名で書かれた野菜の名前を当てっこしたり
    いろいろお勉強になり、1999年のひしぎな世界の虜に
    なってしまいました。

    投稿日:2007/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストがすごい!

    • まりん♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子14歳

    「かようびのよる」や「フリーフォール」などの作者による作品です。
    期待通りの面白さでした。
    若干難があるとすれば、地名が日本の子ども達には馴染みが無いとこ。それから野菜の名前が英語であるということ。
    野菜の名前だけでも日本語に置き換えて読んであげたらいいかもしれませんね。
    対象年齢は小学生からのような少し難しめの絵本ですが、
    ラストの展開がすごくて、面白かったです。
    この絵本は1993年に発売されていたみたいで、1999年という何か起こりそうな特別な年に不安と期待を込めて書かれたのかな?と思います。でもなんで6月29日なんでしょう。

    投稿日:2006/06/25

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / アレクサンダとぜんまいねずみ / もこ もこもこ / とりかえっこ / がたん ごとん がたん ごとん / ぶーちゃんとおにいちゃん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.35)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット