新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
新刊
こころにいつくしみ の種をまく

こころにいつくしみ の種をまく(評論社)

ダライ・ラマ14世初めての絵本!

  • 学べる
  • 役立つ

開運えほん」 みんなの声

開運えほん 作:かんべ あやこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2014年12月
ISBN:9784251098801
評価スコア 4.52
評価ランキング 6,698
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • とても丁寧に描かれています

    持っているだけで なんだか運が開けそうな、おめでたい絵本です。

    細かいイラストですが 色使いがはっきりとしているので、
    小さなお子さんでも楽しめるのではないでしょうか。

    開運に関するあれこれが丁寧に描かれていて、とても興味深かったです。

    投稿日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 勉強になります

    開運にまつわる絵本です。

    お正月にぴったりな絵本です。

    かがみもち、だるま、しめ縄、破魔矢

    まねきねこ、おせち料理、

    ほかにもまだまだたくさんでてきます。

    おせちや七草の説明も

    しっかりされていますので

    勉強になりますよ。

    投稿日:2021/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月が一番!

    知っているような知らないような、、、色々な事。
    日本に伝わってきたしきたりにまつわるものが沢山ありますね。
    お正月になると、やっぱり日本独特の縁起物やお飾りや
    お正月ムードに溢れた色合いがとても気になります。
    日本のしきたりが、伝承できる楽しい絵本だと思います。
    初夢はいくつになっても気になるもの、いつも無難な夢でありますようにと願っています。

    投稿日:2020/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らないことがたくさん

    表紙もめでたい開運えほん。
    中は、お正月にかんする知識がいっぱい。
    大人の私でも知らない事がたくさん載っていました。

    破魔矢の意味とか、干支の置物を飾る意味とか。
    おせちの具のそれぞれが何のために食べるのかとか。

    よく考えたら家には開運グッズが何もないので1つ置こうかなと前向きに検討しはじめました。


    1度読んだだけでは覚えられないので、お正月が来るたびに子ども達に読んでやりたいです。

    投稿日:2019/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み応えあります

    鏡餅に飾られているものの意味。
    案外大人でも全部分かる人は少ないかも・・・
    おせちの意味も全部はなかなか分からないかもしれませんね。
    ということで、大人でも結構楽しめる、古来から日本人が様々なものにこめてきた、縁起の良いものの由来が分かるお話です。

    投稿日:2019/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 開運が待っている

    5歳の子供は途中で飽きてしまいましたが、
    日本のお正月の風習が丁寧に書かれています。

    イラストが柔らかく、
    お祖母ちゃんが孫に教えてあげるストーリー仕立てになっており、
    〇〇百科みたいなので調べるより記憶に残ると思います。

    投稿日:2018/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 全ページためしよみで、読ませていただきました。
    お正月の年中行事の絵本はたくさんありますが、この絵本はすこし独特で面白かったです。私も知らないことも書かれていました!たおてば、どんと焼きなど。面白いです。

    投稿日:2017/12/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人間は、縁起やげんを担いで何やかやしたがりますが、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    結局、開運の力は元々私達の心の中にある、という結末に安堵しました。この本に描かれているようなちゃんとしたお正月を過ごされているご家庭は、一体日本にどれだけいるのでしょうか。伝統を受け継いでいくというのはなかなか大変な事ですよね。

    投稿日:2017/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月

    お正月に用意するものについて、細かく書かれた絵本
    なので、12月頃に読んだ方が気分が盛り上がって
    よかったなあ・・と思いました。
    日本人は(他の国の人はどうなのかはわかりませんが)
    すごく縁起をかつぐのだなあ、お正月というものを
    大事にしているよなあって思いました。
    いろんな地方のおぞうにも食べてみたいです。
    それから、よいはつゆめをみるために七福神の絵を
    枕の下に敷いて寝るとよい、というのは知らなかったので
    やってみたいなあ。

    投稿日:2017/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月を迎えるのは 昔から 年神様を迎え おせち料理を食べて
    無暁息災  みんな 家族が 健康で幸せに暮らせますようにと願うのですね
    この絵本は 良く分かります
    今私たちは こうした先人の伝えてくれていることを 大切にしたいなあと思います 

    みんなの 開運を願って!

    かわいい絵で 子ども達とも楽しめそうです

    投稿日:2017/01/26

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット