まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

紙芝居 あとかくしの雪」 みんなの声

紙芝居 あとかくしの雪 文:ときわ ひろみ
絵:藤本 四郎
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:2012年01月
ISBN:9784774616377
評価スコア 4
評価ランキング 23,369
みんなの声 総数 2
「紙芝居 あとかくしの雪」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 貧乏なおばあさんの善意

    しみじみとしていて、奥の深いお話です。
    庄やさんの畑の大根を取ったのは、空腹のお坊さんをに与えるための、貧乏なおばあさんのやむにやまれぬ行為ではあったのです。
    畑の大根を取った後に気づいた自分の足跡を、おばあさんはどのように思ったでしょうか。
    お坊さんは事情を知っていたに違いありません。
    その上で、有りがたく大根をいただきました。
    足跡を隠してくれた雪ではありました。
    おばあさんの行為をどう思うか、私たちに問いかけられているような気がします。

    投稿日:2019/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • あっ!ときわさんの作品だ
    と、図書館で見つけて借りてきました

    2枚目に
    怖い表情の庄屋さんのおかみさん
    怖い・・・

    で、貧乏ながらやさしいおばあさん
    思ったとおり食べ物もない

    で、おばあさんのしたことは・・・

    だめなことですよね
    でも、自分のためではなく
    お腹のすいたお坊さんのことを思ってのこと

    ここをどう考えられるかですね

    お坊さんの様子にも
    どこまで子どもが気付くか

    最後の場面も意味がわかるかな・・・

    このお坊さんは、弘法大師なのでしょうか?
    解説がないので
    なんとも言えませんが

    「おもいやり」・・・
    おばあさんのお坊さんに対する思いやりと
    その逆と

    心に残っていて
    大きくなった時に
    「こういうことだったのか!?」って
    気付くとうれしいかもしれませんね

    投稿日:2014/08/27

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


寝ちゃうなんてもったいない!? 『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット