ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブック ぞうのエルマー さがしえブックの試し読みができます!
作: デビッド・マッキー  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
おうちでじっくり探し絵!
りおらんらんさん 40代・ママ

楽しいですね
娘が小さいときに何度も読んだぞうのエル…

ねむいねむいねずみのうみのぼうけんなかなかよいと思う みんなの声

ねむいねむいねずみのうみのぼうけん 作・絵:ささき まき
出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1985年
ISBN:9784569587011
評価スコア 3.92
評価ランキング 37,656
みんなの声 総数 11
「ねむいねむいねずみのうみのぼうけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なんで眠いんだろう

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子2歳

    ねむいねむいねずみの,のんきさにびっくりしてしまいます.

    危機一髪の危うい状況におちいってしまって,大冒険を経てラッキーなことに陸地に戻ってくることができたのに,またとろ〜んと眠い目をして旅を続ける.この神経の図太さに感心します.

    いったいねむいねむいねずみはなんでこんなに眠くって,なんで旅を続けているんでしょう.おかあさんが関係あるのかな.シリーズのほかの絵本も読んでみようと思います.

    投稿日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 紙コップにのって

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    紙コップに乗って海へはいってしまうねむいねむいねずみ。
    このシリーズを何冊か読んでいたのですが、人間的なキャラクターなせいかねずみが小さいことを忘れていました。紙コップの中にはいれてしまうのが意外な気がしましたが、たしかにねずみならはいれますよね。
    ねずみもびっくりですがさめもびっくりしているのがゆかいです。
    ねむいねむいねずみは毎回旅をしていますが、いったいどこを目指しているのかな?

    投稿日:2014/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんてこと!!

    ねむいねむいねずみシリーズの、小さいサイズの
    バージョンの本です。
    短いなかにも、ねむいねむいねずみの特徴がぎゅっと
    凝縮されていて、楽しめる絵本です。
    ねぼけているうちに、いろんなことがおこって、
    普通では考えられないんですけど、ねむいねむい
    ねずみには普通なんです(笑)!!
    とぼけた感じがたまらない1冊です♪

    投稿日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大冒険!

    ちいさなねずみが海の中に落ちれば

    そこはもうすごい世界だと思います。

    いろんな色の魚たち。

    大きなさめまで出てきました。

    食べられちゃうと目をふさぎたくなります。

    でも怖がっているのはさめのほう。

    こんなちいさなねずみなのに!

    必死でおよぐさめがなんだかわかいかったです。

    このシリーズはお話が単純で明快、分かりやすいです。

    投稿日:2013/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • うみのたび

    ポップコーンの船に揺られていたら 波にさらわれてポッチャーンと海へ
    放り出されたねずみくん。
    そこで出会ったサメが面白い。
    すごく気弱なんですよ。逆にねずみくんを怖がっているのが笑えますよ。
    娘は海に落ちてしまったねずみくんが遊泳している場面が好きなようです。
    いっしょに「ぶくぶく・・・」と言っています。

    強烈なハプニングなのに いつも最後には淡々と旅を続けるねずみくんの
    マイペースさに親子ですっかりハマってしまいました。
    シリーズもたくさん出ているのでこれから楽しみに読んで行きたいと思います。

    投稿日:2008/08/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポップコーンの舟

    私は、ぽっぷこーんの入ったかみこっぷが海に落ちて舟の代わりになるところが面白かったです。息子は、サメの尾に捕まって飛ばされるところが面白かったようです。ねむいねむいねずみシリーズは、他の佐々木マキシリーズのみもふたもない終わり方と違って、災難はあるけれど、最後はまた旅に戻るという点が違いますね。

    投稿日:2007/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • こわがりの息子にも

    うちの息子はとてもこわがりで、サメやライオンなどは、絵でもこわいのですが、その分興味は大アリ。大好きなねむいねむいシリーズだし、このサメはどうかな???と思って読んでみた所、好評でした。ねむいねむいねずみシリーズは言葉もシンプルでわかりやすく、男女問わずおすすめです。

    投稿日:2006/09/27

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.92)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット