オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

役にたつって、嬉しい!
オオイシさんのように、役にたつって、朝…

うめぼしさん」 ママの声

うめぼしさん 文:かんざわ としこ
絵:ましま せつこ
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2015年02月10日
ISBN:9784772102247
評価スコア 4.79
評価ランキング 400
みんなの声 総数 18
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リズミカルな文章で、節をつけたくなります。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子23歳、女の子19歳

    神沢さんの文がとてもリズミカルなので、節をつけて歌いたくなります。
    梅の花が咲いているページが印象的ですが、季節にはとらわれなくてよさそうです。
    「おにぎりの なかに かくれんぼ
     うんどうかいにも ついて くる
     うみにも やまにも ついて くる」
    というところが気に入りました。
    お子さんにおにぎりを作ってあげた時とか、ハイキングに行く時や運動会のお弁当を作る前の日などに、子どもたちに読んであげてほしいです。

    投稿日:2019/05/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • うめぼし好きの息子に

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、男の子3歳

    軽やかでリズミカルな文章で、うめぼしが出来るまでが描かれています。ましまさんの絵が、梅干しにピッタリで素敵です。
    文章が軽やかなせいか、3歳の息子も最後まで聞けます。お気に入りになったようです。梅干し作りの季節にまた読みたいです。

    投稿日:2019/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 梅干しの事

    このお話は、梅干しの梅がどうやってできてどのようにして梅干しになっていくかが軽やかな文章で描かれた絵本でした。うちの子はこの絵本を見ているだけでも酸っぱくなってきたみたいで、よくつばを飲み込んでいたのが面白かったです。今では作る工程はなかなか見れない梅干しの作り方も学べてとっても良かったです。

    投稿日:2016/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 奥の深い梅干し

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    梅干しのできるまでを、リズミカルに描いた作品です。
    ちょっとした科学絵本にもなりそうですね。
    神沢さんの文章は、わらべうた風で耳に心地よいです。
    自然の移り変わりも感じさせてくれます。
    ましまさんのコラージュ絵は、和風で上品ですが、親しみやすいです。
    梅干しの種の中に、天神様がいる、というのは初耳でしたが、
    滋味深い豆知識ですね。
    幼稚園児くらいから、しっかり学べると思います。

    投稿日:2016/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • うめぼしの作り方

    6歳次女に借りてきました。次女は食べ物の絵本が大好きで、これなら気に入るだろうなと簡単な思いで借りたのですが、予想以上に良かったです。(ごめんなさい)。

    うめぼしがどうやって、真っ赤ですっぱい状態になるかをわかりやすく、詩のように書かれています。「なるほどー」と親も勉強になりました。

    投稿日:2016/04/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうか〜泣いていたんだ〜。

    幼児向けの作品かと思いましたが、とんでもない、これは小学生以上の人がみんなで楽しめる作品です。

    うめが、どうやって「梅干し」になっていくかが、わらべ歌のような文にのせて、丁寧に描かれています。

    花が咲いて、散って、梅雨を通って、もがれて、洗われ、塩を振られて甕の中。
    重しをずしんとのせられて、しくしく しくしく なくばかり というところで、そうか〜泣いていたんだ〜。
    このあと  酸っぱい涙の日を暮らす も上手い表現だな〜って思いました。

    この後いくつかの工程がありますが、やっと梅干しになったところで、ほっ。

    天神様の由来についても、巻末奥付に記載してあり、丁寧だな〜って感激。

    ホント、梅干しって、私たちが元気な時も病気の時も大活躍してくれていますね。

    投稿日:2015/09/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • わらべうたのような優しさ

    おいしいうめぼしができていく様子を、わらべうたのような
    優しい言葉で教えてくれた絵本です。
    文章も絵も、懐かしい感じがして、読み聞かせをしている
    私も心地よかったです♪
    うめぼしさんの、かわいらしいキャラクターも、愛すべき存在
    で、はまりました。
    うめぼしはまだ食べられない娘ですが、興味は持ってくれた
    ようです♪

    投稿日:2015/07/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • にらめっこ

    梅干しはまだ食べられない娘。でも「梅干し=酸っぱいもの」というにはわかっています。
    なので梅干しができていく様子もとても興味深く見ていました。
    一番おもしろかったのが、たくさんの梅干しが干されているページ。
    梅干しひとつひとつに顔が描かれていて、ページの上には大きな太陽。
    まるで太陽とにらめっこをしているように見えたようで、娘も梅干しの真似をして太陽にむかってにらめっこをしていました。その様子がおかしくておかしくて。
    とてもほっこりした気持ちになれました。

    投稿日:2015/06/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私が梅干をそんなに好きではないので
    ほとんど食べたことがない娘たち。
    でも、その娘たちが食べたくなった!といった絵本です。
    すごい力!
    梅干嫌いな私まで、ああ、食べたいって
    最後思ったくらいですからね。
    梅がいとおしくなる絵本でした。
    梅が梅干になるまでって
    こんなにドラマチックなんですよねえ。
    梅、すごい!

    投稿日:2015/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歌のような、詩のような(^^)

    図書館から借りてきて、5歳と10歳の娘たちと読みました。

    私たちの生活になじみ深い梅干。
    季節の移ろいと共に
    その梅干ができあがるまでを
    リズミカルに描いた一冊です。
    歌のような、詩のような文章に、
    ましまさんの温かい絵がマッチして安心感を覚えます。

    なんとなく梅干の作り方を知っている娘たちは、
    「うん、シソ入れるんだよね」とか「お日様にあてるんだよね」と言っていました。
    そしてできあがった梅干に、「おいしそう!!\(^▽^)/♪」
    梅干の種の中のことまでは知らなかった娘たち、
    「天神さま」のことを知って、「へぇ〜!」と言っていました。

    子供むけ、というよりは、
    どちらかと言えば大人がじっくり、ゆっくり読みたい絵本のような気がしました。

    梅干好きのお子さんと一緒に、ゆっくりとどうぞ(^^)♪

    投稿日:2015/03/15

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット