話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 全ページ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

バルト 氷の海を生きぬいた犬」 ママの声

バルト 氷の海を生きぬいた犬 作・絵:モニカ・カルネン
訳:中井 貴惠
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2014年12月31日
ISBN:9784198638931
評価スコア 4.57
評価ランキング 5,095
みんなの声 総数 6
「バルト 氷の海を生きぬいた犬」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 実話

    実話だそうです。
    なので、過度な表現ではなく淡々と描写される現実が
    氷に流される犬の緊迫感をリアルに伝えます。
    作者覚え書き(あとがき)にある
    しあわせに暮らす様子のバルトが愛らしいです。

    中井貴恵さんの翻訳。
    実際の犬の名前は「バルト海の」という意味の形容詞だが
    翻訳するにあたって「バルト」とした、という但し書きが
    考え抜いた翻訳であったこと感じさせます。

    投稿日:2019/12/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当にあった感動秘話!

    中井 貴恵さんの翻訳の絵本で 大ファンの中井 貴恵さんが手がけた絵本でさらにサイン本だったのですぐ購入しました
    実際にあった感動のお話しなので とても臨場感をもって読むことができました 娘も真剣に私が読んでいるのを聞いてくれました

    投稿日:2015/10/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 氷と一緒に流された犬

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    『LITTLE DOG LOST』が原題。
    2010年1月、ポーランドのビスワ川で、犬が氷に乗って流されているのが発見され、救出されます。
    この実話エピソードを絵本化した作品です。
    川で見つかった犬ですが、氷が流され、消防士たちによる救出も失敗に終わります。
    二日後、川がそそぐバルト海で、海洋調査船が再び犬を発見し、救出するのです。
    犬が氷から落ちてしまったりと、難航する救出劇はハラハラします。
    乗組員たちの努力、体力を回復してからの犬の姿、素敵なエピソードですね。
    作者の覚書には、元気そうな今の姿の犬の写真もあり、心がほっこりしました。

    投稿日:2015/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話

    氷に乗って二日間流された犬の運命は?

    実話ということもあり、とてもひきつけられる内容です。

    作者の覚え書きを読むと、マイナス20度の氷の中を生き延びることができたのは、
    犬の被毛のおかげだったとか。

    犬の毛は、まさかの出来事でも思わぬ力を発揮するということにも驚きました。

    実際の写真も最後には載っており、助かって本当によかったと思わずにはいられませんでした。

    投稿日:2015/02/22

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / おしりをしりたい / もう ぬげない

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット