もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

せかい童話図書館(10) かちかちやま」 みんなの声

せかい童話図書館(10) かちかちやま 作:日本昔話
文:あき せいじ
絵:かじ ひでやす
編集プロデュース:酒井 義夫
出版社:いずみ書房
本体価格:\680+税
発行日:1974年03月30日
ISBN:9784901129671
評価スコア 4
評価ランキング 25,366
みんなの声 総数 2
「せかい童話図書館(10) かちかちやま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 有名な「かちかちやま」です。全頁試し読みで読みました。この「かちかちやま」では、たぬきにおばさんを殺す気がなかったことと、たぬきが殺したおばあさんをばばあ汁にしておじいさんに飲ませなかったことに救われました。うさぎさんの殺意が半端なものでなかったのが、凄く気になりました。

    投稿日:2017/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当にこれで良かったのか…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    かちかちやまも細かいパターンがいくつかあるのかな?
    おばあさんはけがをするが生きているパターン、たぬきも生きて改心するパターン、ひどいのではたぬきがおばあさんをばば汁にしておじいさんに食べさせてしまうパターン等々。
    この絵本だとたぬきがおばあさんを殺してしまい(過失致死)、うさぎがかたき討ちに燃え、おじいさんは途中でもうたぬきを許してやろうとします。
    おじいさんおばあさんのことを思ってのことなのでしょうが、このうさぎ殺す気満々すぎでは…と私はちょっとひきました。
    ほんとうにこれでよかったのか…と言うおじいさんのラストシーンが印象的でした。こういうことをこどもが考えるきっかけを持てそうでいいなと思いました。

    投稿日:2015/05/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット