なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

せかい童話図書館(11) ドナウ川のようせい」 じいじ・ばあばの声

せかい童話図書館(11) ドナウ川のようせい 作:オーストリアの伝説
文:あき せいじ
絵:いとひさ のぼる
編集プロデュース:酒井 義夫
出版社:いずみ書房
本体価格:\680+税
発行日:1974年03月30日
ISBN:9784901129688
評価スコア 4
評価ランキング 23,794
みんなの声 総数 3
「せかい童話図書館(11) ドナウ川のようせい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 若者の気持ち

    全頁試し読みで読みました。私は、「ドナウ川のようせい」の話は、この絵本が始めてでした。水の妖精に恋をしてしまった若者ですが、水の妖精も若者に恋をしたから、よかったと思いました。水の妖精と一緒に生きれるとは思いませんが、一緒にいたいという気持ちに嘘はついてないから、それでよかったんだと思いました。

    投稿日:2017/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水の妖精の恋

    水の妖精といえば、ローレライを思い出します。
    でもあれは、ドイツ、ライン川だったと思いながら、読み進むと
    アンデルセンの人魚姫などと同じく、してはならない恋のおはなしでした。
    こちらのお話は、人間の若者のほうが、死を選ぶというお話になっていました。
    水の中の世界に住むものと、人間とのお話は、たくさんあるのですね。

    投稿日:2016/11/04

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本レビュー大賞、結果発表です!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット