もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

アベコベさんふつうだと思う みんなの声

アベコベさん 作:フランセスカサイモン
絵:ケレンラドロー
訳:青山 南
出版社:文化出版局 文化出版局の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1997年
ISBN:9784579403752
評価スコア 4.62
評価ランキング 3,160
みんなの声 総数 51
  • この絵本のレビューを書く

ふつうだと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • これってほんとに アベコベなの?

    手づかみの食事、絵は壁に描く、アベコベさんの「いいこと」は一般的な価値観からすると「悪いこと」
    6歳の娘はけらけら笑いながらノリノリで読んでいました。
    「よのなかにはいろんな人がいるんだよ」という台詞のたびに「それは自分でしょ!」とつっこんでいました。

    娘が楽しそうに読んでいるので、私も読んでいましたが、私は違和感を覚えました。
    アベコベさんの価値観は確かに一般的なものからするとアベコベだけど、子どもに対し「悪いこと」をやめさせ「いいこと」をさせようとする、これって本当にアベコベなのだろうか、と。

    ちなみに、私は星3つにしましたが娘は星5つだそうです。

    投稿日:2013/06/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑いました

    とにかく、何でもかんでも反対の「アベコベさん」
    私達の常識が通用しないのですよ。
    でも、おおらかでのんびりした雰囲気の「アベコベさん」一家なので、非常識な行動に怒りを感じないんですよねー、不思議と。
    ラストの「よのなかには いろんなひとが いるんだ」というセリフで、ものすごく深く納得しました。

    投稿日:2013/04/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『おかしになりたいピーマン』『おもちゃになりたいにんじん』岩神愛さんインタビュー

みんなの声(51人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット