新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

トヤのひっこし自信を持っておすすめしたい みんなの声

トヤのひっこし 文:イチンノロブ・ガンバートル
絵:バーサンスレン・ボロルマー
訳:津田 紀子
出版社:福音館書店
本体価格:\1,500+税
発行日:2015年01月25日
ISBN:9784834081404
評価スコア 4.63
評価ランキング 3,235
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  トヤはモンゴルの遊牧民の男の子。トヤの一家が引越しをします。

     日本で引越しというと、トラックに荷物を積み込み、建物から建物へと移動しますが、トヤの引越しは違います。家(ゲル)をたたみ、他の荷物を一緒にラクダの背に乗せて運びます。自分たちも ラクダや馬に乗ります。

     果てしない草原、砂漠、そして山を越えて着いたところは、美しい緑と青い湖のあるところ。ここで、新しい暮らしが始まるのです。

     大いなる自然の中の人々や動物が愛らしく描かれていて心が和みました。特に、動物の親子の様子が何ともいえません。作者のお二人の優しさ、温かさが表れていると思いました。色使いもとても美しく、また、広い草原に大きくかかった虹は圧巻です。

     いつのまにか溜まった持ち物に息苦しくなり、「すっきりした暮らし」「断捨離」「ミニマリスト」という言葉が脳裏をめぐる昨今、トヤたちの暮らしは私にとって、一つの指針です。暮らしに必要なほんの少しの物以外、あたり一面、人工的なものは何もありません。質素ですが貧しいということとは違う。同じ暮らしはできませんが、心に留めていたいです。

    投稿日:2016/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • モンゴルの遊牧民一家のおはなし

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    イチンノロブ・ガンバートル(文)×バーサンスレン・ボロルマー(絵)のモンゴルの作家のコラボ作品。邦訳はモンゴルの児童文学を学んでいる津田紀子さんです。
    このお二人が描くモンゴルのとある家族の風景はどれもとっても素敵です。
    今回のおはなしはモンゴルの草原に暮らす遊牧民の一家を描いたものでした。
    季節によって、放牧している家畜とともに大移動をする遊牧民たち。
    大人はついストーリーばかり目が行ってしまいがちですが、
    1ページ1ページにさりげなく描かれている彼らの日常の様子と、まわりの大自然の風景をじっくり堪能してほしいです。
    後、ラクダの表情にも注目!ほとんどのラクダたちは従順にまえを向いて歩いていますが、1匹だけほぼいつもマイペースな奴がいるのに気付いた人はいますか?
    他にも草原にこっそり隠れている自然界の生き物たちとか、こだわりを持って丁寧に描かれている民族衣装とか、いろいろ見応えどころが多い作品です。
    例えば「スーホの白い馬」とか授業でやる頃の子どもたちに、違うモンゴルの姿を見せてあげるために、この絵本をブックトークしたり、読み聞かせしたりしてもいいんじゃないかな?と、思いました。

    投稿日:2016/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遊牧民の暮らしぶり

    図書館のおすすめコーナーで見つけました。
    モンゴルの大草原に暮らす遊牧民の旅が描かれています。春の終わりにゲル(折りたたみ式簡易的住居)を解体し、新たな場所まで家財をらくだに積んで移動します。
    見開きいっぱいに描かれた草原は、本当に広々として壮大でした。丁寧に描かれた絵からは、遊牧民の暮らしぶりが鮮明にわかって、すごく楽しかったです。

    投稿日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • スケールが大きい

    モンゴルの話だということで、借りてみました。
    ゲルを解体して引っ越すという遊牧民の暮らしぶりが、
    日本の暮らしぶりとは全く違うので、4歳の息子にも知ってもらいたくって。

    自分の家が持ち運びできるって、おもしろいですよね。
    そして、これだけのたくさんの家畜を連れて
    家族と犬で力を合わせて、砂漠を越え、山を越え、引っ越すという
    スケールの大きな話。

    オオカミがでてきたり、嵐にあったり、やさしい家族にあったり。

    見開きいっぱいに描かれた絵の中の、モンゴルの人たちのくらしぶりが
    興味深い。
    家族が何をしているか、どんなご飯を食べて、どんな風に寝るのか。
    ちなみに、赤ちゃんの弟がカゴに入れられて、らくだに乗せられたりするのもおもしろかったです。

    投稿日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • モンゴルの大自然

    放牧移民というライフスタイルが、日本社会とかけ離れているだけに、この絵本を読んでとても新鮮に感動しました。
    おりたためる簡易住居のゲル、羊を飼いながらラクダや馬たちとの共同生活、引っ越しはすべての家族と一緒の大作業です。
    モンゴルの大自然の中に、放牧民族の社会、野生から身を守る生活、様々な物がスケール大きく描かれていました。
    大変な生活が、トヤたちには当たり前なのでしょうね。
    隅々まで描かれている絵が素晴らしいと思いました。

    投稿日:2015/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 作家さんの名前が珍しい名前だなと思ったら、

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    モンゴルの作家さんが描かれたお話なんですね。通りで表紙がモンゴルっぽいと思いました。遊牧民の引越しってこんな感じなのか〜と興味深く読みました。たった一家族の引っ越しなのにスケールが大きいですね。いやー、世界は広い。

    投稿日:2015/02/19

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット