季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

おちびのネル―ファーストレディになった女の子―なかなかよいと思う みんなの声

おちびのネル―ファーストレディになった女の子― 作・絵:バーバラ・クーニー
訳:掛川 恭子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1997年
ISBN:9784593503810
評価スコア 4.4
評価ランキング 11,570
みんなの声 総数 4
「おちびのネル―ファーストレディになった女の子―」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こんな過去のある人だったとは

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    私はすごい絵本だな。と、思いましたが、下の子は「うへ〜」といっていました。
    小さな女の子(主人公のネル)を、実のお母さんが全くかわいがってくれずにさげすむシーンや、
    せっかくかわいがってくれていたお父さんが早死ににしてしまうところなどに、重たさや嫌気を感じたようです。

    でも、いい先生にめぐり合うことで、ネルの人生も開けたんですね。
    人と人とのめぐり合わせというものを考えさせられました。

    読めばわかることですが、この絵本は、クーニーが3年もの歳月を費やして調べ上げたルーズベルト大統領(1930年から1940年代に4回もアメリカの大統領に選ばれた人)夫人・エレノアの伝記絵本です。

    アメリカ大統領夫人のお話なんて、日本の子どもたちはピンとこないかもしれませんが、このお話は大統領夫人として、いろいろやってきたすごい功績の話ではなく、早くに親を亡くして、どちらかと言えが心が恵まれていなかった子ども時代を描いた作品なので、
    児童虐待などが叫ばれる今日の日本にも、理解できるところは多いと思います。
    正直、ファーストレディになるような人が、こんな過去を持っているなんて思わなかったです。

    内容が濃いうえ、文章が長めなので、高学年以上のお子さんにお薦めします。また、アメリカの歴史や世界の情勢に興味のある人もどうぞ。

    投稿日:2010/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


2月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット