話題
ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん

ことばの豊かな子をそだてる くもんのうた200えほん(くもん出版)

「うた」は幼児のことばの世界を広げるのに最適!

  • 役立つ
  • ギフト
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ルワンダの祈り 内戦を生きのびた家族の物語」 ママの声

ルワンダの祈り 内戦を生きのびた家族の物語 著:後藤 健二
出版社:汐文社
税込価格:\1,540
発行日:2008年12月
ISBN:9784811384979
評価スコア 4
評価ランキング 30,017
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもでも読める大虐殺

    • ヤキングさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、女の子5歳

    シリアで犠牲になった後藤健二さんの本です。

    映画、ホテル・ルワンダで有名なルワンダ虐殺後のルワンダについて書かれています。

    冒頭はまだ混乱の真っただ中にあるルワンダ。
    銃を頭に突き付けられ、持っていたお金を巻き上げられ、取材を続けられなくなり、あえなく帰国したところから始まります。
    命がけの取材であることが、これだけで分かります。

    扇動を受けツチ族の人々を殺害するフツ族の人々。
    彼らはそれまでには隣人として仲良く暮らしてきた仲間でした。
    平和な日々がある日突然終わりを告げる。
    それも友人の手によって。
    残虐な方法で。
    それが子どもにも分かりやすい表現で淡々と描かれています。

    でも本書の本領はそこからです。
    ルワンダ虐殺を終え、生き延びた人々。
    その人たちを支える人々。
    いまだ苦しんでいるものの、前を向き進み始めた人々。
    そういった人々の姿が描かれています。

    家族を殺された人は、犯人を許すことができません。
    いままで隣人として仲良く暮らしてきたのに、ある日突然刃を向け、逮捕されるまで謝罪の言葉も発しなかった。
    でも、許さなければ自分の国はダメになる。
    そういった葛藤を抱えながら許そうとし、良い国にしようと奮闘する姿はとても素敵です。

    事件をきっかけに著者を知りましたが、もっと早く出会いたかったですし、もっとたくさんの本を残してほしかったです。

    投稿日:2015/04/17

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット