新刊
あなたがだいすき

あなたがだいすき(ポプラ社)

大切な人を想う気持ちが、あたたかいイラストと優しい文章で伝わる絵本。愛すること、愛されることの素晴らしさを感じます。

  • ためしよみ

とうふこぞうなかなかよいと思う みんなの声

とうふこぞう 作:京極 夏彦
絵:石黒 亜矢子
編:東 雅夫
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2015年02月27日
ISBN:9784265079742
評価スコア 4.23
評価ランキング 20,254
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お笑い担当

    怖いお話を探していた時に見つけました。
    何かが布団の上に乗っかってきたので、おそるおするのぞいてみると…というお話。
    京極夏彦さんの作品ということで、かなりこわいのでは?と恐る恐る読み進めたのですが、「とうふこぞう」は、妖怪の中でもお笑い担当らしく、結構愛らしいです。
    石黒亜矢子さんのイラストが、怖さと可愛さを同居させている感じで、お話にとてもあっていました。

    投稿日:2020/08/07

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいいおばけ

    京極夏彦さんの作品です。

    いくつか京極さんの妖怪えほん読みましたが、

    今回は怖さはなくむしろかわいい妖怪でした。

    小さい子供のような妖怪です。

    豆腐を持っていてそれをただ見せる

    それだけの妖怪でした。

    絵本に登場する男の子は

    おばけ嫌いと言っていましたが、

    とうふこぞうには

    怖くないからまたきてねと言っていました。

    まるで新しい友達ができたみたいでした。

    投稿日:2020/08/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖いけれど、怖くない??

    京極夏彦さんの小説はどうも怖そうで近寄りがたい。
    けれど、やっぱり読んでみたい!ということで絵本を手に取りました。
    主人公の男の子は、おばけがこわい。
    なんだか、いろんなところにお化けがひそんでいそうですね。
    男の子の飼っている猫のしっぽ!ふたつに裂けています。
    お化けはこわい、けれども、とうふこぞうはあんまり怖くない?
    怖がりだけれど、怖いお話に興味がある方におすすめです。

    投稿日:2016/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出るぞ出るぞ

    とうふこぞうというお化けは、何ともゆる〜いお化けキャラで、絵本の怖い指数が高まる末に、癒しにも近い感覚を味わいました。
    前半はページのあちこちに不吉印とレトロキャラが散りばめられていて、怖いやら、懐かしいやら、本当にあれこれと複雑な絵本でした。
    でも、この駄菓子屋的なごった煮は、嫌いではありません。

    投稿日:2015/06/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • とうふこぞう、かわいい

    4歳の息子と読みました。

    絵が秀逸。絵だけで怖い。

    わかる、わかる、この男の子の気持ち。
    ちょっと暗いところに、お化けがいるんじゃないかという気持ちになってしまうんだよね、幼い頃は特に。

    とうふこぞうってかわいいですね。
    この男の子の、何だかお化けのような表情が、とうふこぞうと会って、
    子どものような表情になっていくのがよかったです。
    怖さが吹き飛んだみたい。

    息子はこわかったようですが、最後は笑っていました。

    投稿日:2015/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • つきよのばんだけです

    全頁試し読みで読みました。男の子がおばけを怖がっているのですが、男の子の顔も最初から怖いと思いました。とうふこぞうが登場する辺りから、男の子は怖がってなかったのですが、私は最後の、「つきよのばんだけです」に、ぞっとして怖かったです。なんだか、夢に出てきそうで嫌な気がします。

    投稿日:2015/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 月の夜は

     おばけの絵本はこわいけれど、こわいもの見たさで、開いてしまいます。この絵本も、どきどきしながらページをめくりました。
     迫力のあるおばけに、びっくりしますが、楽しいおばけもいるんですよね。

     月の夜にやってくる、とうふこぞう。全然こわくなくて、おもしろいおばけです。とうふこぞうのうしろ姿にほっこりしました。
     お話とこってりした絵が、ぴったり合っています。

    投稿日:2015/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 京極夏彦さん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    京極夏彦さんって絵本も書かれているんですね。
    小説の本は読んだことがありますが絵本は初めて読みました。
    やっぱり妖怪のお話なんだ…と思ってしまいました。
    妖怪とうふこぞうが登場します。
    怖くない妖怪なのですが、私的にはやっぱりこの絵本のように夜におふとんの上にいきなり現れたらやっぱり怖い!って思います…。無害な妖怪なのでしょうがね。

    投稿日:2015/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット