新刊
ごんぎつね

ごんぎつね(ポプラ社)

いたずらばかりしているきつねのごんは、兵十のたいせつなうなぎを盗んでしまいます。その後、ごんは兵十のために罪のつぐないをするのですが・・・。

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

夜の神話」 ママの声

夜の神話 著:たつみや章
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\552+税
発行日:2007年02月
ISBN:9784062756518
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,785
みんなの声 総数 3
「夜の神話」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 神さまも登場しますが、「原発事故」のお話しです。

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子24歳、女の子19歳

    タイトルからは全く想像していませんでしたが、この物語は、もし「原子力発電所」に事故が起きたとしたら……。という、前提で書かれていました。

    出だしはいつものたつみやさんの物語っぽく、主人公の少年がその時の自分がどうして“ここにいるのか”を語ってくれています。
    読みだすと、インパクトのある始まり方でぐいぐい引き込まれていきます。
    初っ端からかえるを自転車で轢いちゃうなんて、わぁ、ついてない子だわ。でもこれで村の神様とか出てくるのかしら。なんて思っていたら、案の定、「家神(座敷童・座敷ぼっこ)」が登場したのですが、主人公のマサミチが慕っている父親の会社の“スイッチョさん(須賀さん)”が出てくるあたりから物語の流れが変わっていきます。

    この作品が出たのは、1993年ですが、
    1995年に「もんじゅ」でナトリウム漏洩火災事故。
    1997年に動燃東海事務所火災爆発事故。
    1999年に志賀原子力発電所1号機臨界事故。と続き、
    2011年には、東北大震災により、福島原子発電所第1、第2共に起きてはならない大事故が起こってしまいました。

    この物語の中でも、会社の損失や、自分の立場ばかり考えて、本当に大事な決断をしなければならないとき、それがができない大人が出てきます。
    でも、これを読んだ子どもたちには、そんな大人にはならないでほしいと願います。
    読みやすいので、小学校4,5年生くらいからお薦めしたい作品です。

    投稿日:2019/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    気がつかないでかえるを轢いてしまった正道。罪悪感どころか汚い…と思ってしまいます。
    かえるは彼を訴え、裁判に。そして正道は罰を受け、反省します。
    それがきっかけで、猫等のことばが分かるようになったり、人の死を感じたり、不思議な能力が。
    父親は原子力発電所勤務。父親の同僚で兄のように慕っていたスイッチョさんが被爆してしまい、正道は彼を救いたいと神さまに助けを求めますが…。
    命、原子力発電所について考えさせられました。
    いい成績とっていい大学に行っていい就職して…と冷めた主人公が変わっていくさまが良かったです。
    子供(高学年くらいから)にも大人にもおすすめです。

    投稿日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話
  • ぼくの席がえ
    ぼくの席がえ
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    海くんのことは、まだよく知らないのに、席がえでとなりの席になって……。


今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット