貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おやすみ〜自信を持っておすすめしたい みんなの声

おやすみ〜 作:いしづ ちひろ
絵:くわざわ ゆうこ
出版社:くもん出版
本体価格:\800+税
発行日:2015年03月17日
ISBN:9784774323862
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,628
みんなの声 総数 71
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • 何気に孫に似ています 受賞レビュー

    昨年に初孫が誕生したおじいちゃんです。
    何気に顔が孫に似ています。
    孫の絵本が出来たようで嬉しくなるのはじじばかでしょうか。
    何でもない日常の出来事が、子どものイベントに見えて来ます。
    シンプル イズ ベスト !
    何度でも繰り返し読んでやれる1冊です。

    掲載日:2015/04/10

    参考になりました
    感謝
    3
  • 手放せない1冊☆

    1歳の娘が一番はまった絵本「おいし〜い」のシリーズ本と知り、購入しました。娘は表紙を見るなり最高の笑顔で「ちぃー!!(おいし〜いの意味)」
    すぐに「おいし〜い」のシリーズ絵本と気づいた様子。内容はこちらもシンプルなのですが、ハブラシ、ピアノ、積み木といずれも自分の身の周りにあるものとそっくりなので、自分のお話として聞いているようです。

    はみがき くちゅくちゅ のシーンではいつも歯磨きのまねっこも。いつも「おいし〜い」と「おやすみ〜」を2冊並べて、寝る前にリクエストしてくれます。ただこの絵本シリーズ、主人公はひとりっこなので、一緒に聞いている兄はいつも「あっくんはどこかな?幼稚園行ってるのかな?」とか、クマのぬいぐるみを指さし「あっくんはこれかな?えらいちっちゃいなぁ・・・」など、コメントしています(笑)。

    掲載日:2015/05/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 乳幼児に読むのにピッタリの絵本です。
    日常のひと場面を切り取っていて、ここにあるのは安心感。一日の終わりに、この絵本を暖かい声で読んでもらえた子どもは、例え記憶に残らなくても、心の奥に幸せの感覚や愛されている自信が蓄えられるんじゃないかしら。きっとそれは生きていく為の大きな力になるはず!家庭で子どもとたっぷり楽しみたい絵本です。

    掲載日:2016/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんの本ですが、4歳の子と一緒に読みました。
    小さな赤ちゃんの描き方に思わずにっこり、かわいいなぁ〜と思いました!
    あの足の感じ、お尻の感じ!わが子が小さかったころを思い出しました。
    寝る前に大切なものたちにおやすみ、と言い大切な人に包まれて眠る幸せや安心を思うと本当に、やさしい気持ちになれます。
    それは生まれたばかりの赤ちゃんでも、大きくなった子でも一緒ですね。
    子どもと二人で読んでいて「あれっもうふはどこ?」といページでお互いドキリ!だってうちの子はお気に入りの毛布が無いと眠れなかったので、毛布を手にするまでは大騒ぎだったのです。
    次のページで「ふんわり ふわふわ…」毛布が登場した時は「あぁよかったぁ〜」と言い合いました(笑)

    掲載日:2016/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1歳の息子に、寝る前に読み聞かせています。
    わかりやすくはっきりとした絵と、繰り返す“おやすみ”のフレーズ、そして“あれ?毛布はどこ?”とテンポが変わるところが大好き!
    0歳の頃からのお気に入りのひとつ、レギュラー絵本です。

    今では「くちゅくちゅくちゅ、歯みがき手伝ってくれる…」とさわりを言うだけで、自分で本棚に取りにいき、エッコラエッコラ持ってきます。
    「はい、おしまい」と本を閉じると「もう1回!」といった表情。
    好きすぎて、朝起きてすぐでも持ってきます(笑)

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいくてかわいくて

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子4歳

    かわいくて癒されます。寝る前に自分でしっかり歯磨きもして、おもちゃもちゃんとお片付けできて、とってもいい子で素晴らしいです。
    うちの息子たちはこんなんじゃなかったな〜。歯磨き嫌でジタバタするのを押さえてこっちも必死になって歯磨きしてました。おもちゃは布団まで持っていって枕元へ置いとかなきゃ気が済まなくて、枕元はいつもごちゃごちゃしてました。
    でも、寝顔だけはこの本の子と一緒でかわいくて、それまでのゴタゴタを一切忘れさせて、私の心を穏やかにしてくれるとっても幸せそうな寝顔でした。
    大人にとっては癒しの一冊です。

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなねんね

    愛用の日用品、大好きなおもちゃ、そして自然。自分の好きなものたちにおやすみをしていく姿がとても可愛らしいです。
    赤ちゃん向けのわかりやすいイラスト、何度も繰り返して読んであげられるお話だと思いました。ゆったりした気持ちになれます。

    掲載日:2016/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おやすみ〜」の時は、親も最高に幸せ!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子5歳

    「赤ちゃん絵本」だけど私が一人で読んじゃった一冊。

    次のお誕生日で6歳になる娘は、
    お兄ちゃんと5歳離れていることもあって、
    私と主人の中ではまだまだ赤ちゃん。

    何をしててもかわいいなぁ〜と思いながら日々過ごしていますが、
    一番かわいいのは、やっぱり、「おやすみ〜」の時間。

    今日もいちにち楽しかったね。
    そんな気持ちで、
    パジャマをきておふとんに入る娘のお胸をトントンすると、
    本当に幸せな気持ちになります。

    赤ちゃんが読むと楽しめるから「赤ちゃん絵本」だと思ってたけど、
    きっとそれだけじゃないんだな〜、
    子供を可愛いと思う親が読んでも、最高に幸せな気持ちを
    再認識させてくれる、それが赤ちゃん絵本なんだなぁと
    思わせてくれる、幸せなあかちゃん絵本の一冊です。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしい気持ちを思い出す

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳

    おもちゃたちにもちゃんと挨拶をする、男の子のやさしい心にほっこりしました。この子のお母さんはきっと優しい気持ちで男の子に接しているんでしょうね。
    片づけの時、上の子のときは、「おもちゃにさようならしようね」なんて娘に話しかけたりしていましたが、下の子のときは余裕もなく「はい、片づけようね」で済ませてしまっていました。赤ちゃんと関わるときには、出来るだけゆったりしたやさしい気持ちでいたいなと思ました。おもちゃと友達でいられるのは、小さいときだけ。だからこそ、その夢の時間を大切にしてあげなければいけないと思います。
    この本をみんなで読みながら、寝る前のお片づけを楽しみたいですね。

    掲載日:2016/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほほえんでしまう

    いろんなものにおやすみを言う赤ちゃん。何気なく口にする「おやすみ」という言葉に、あらためて思いをよせました。
    特に、ハブラシは新鮮に感じました。これなら、歯磨きも楽しくなりそうです。
    どの場面も赤ちゃんの表情がとってもかわいくて、自然とほほえんでしまいます。幸せな感じが伝わってくる、おやすみ絵本でした。

    掲載日:2016/04/29

    参考になりました
    感謝
    0

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん / やさいのおなか / もけらもけら / どんぐりころころ おやまへかえるだいさくせん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』朝山あつこさんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット