おしょうがつのかみさま おしょうがつのかみさま おしょうがつのかみさまの試し読みができます!
作: おくはら ゆめ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
こんなかみさまがいたら、お正月はもっと楽しい!

ぼくのジィちゃん」 みんなの声

ぼくのジィちゃん 作:くすのき しげのり
絵:吉田 尚令
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2015年03月30日
ISBN:9784333026982
評価スコア 4.77
評価ランキング 603
みんなの声 総数 21
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ジィちゃんも早かったんだよ!!

    • はーとままさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳、男の子1歳

    もうすぐ運動会がある小2の息子。
    徒競走はビリではないけど遅いです。
    そんな息子に読んだら、ジィちゃんがリレーで走るところで本当に走っているかのように興奮してました。
    ジィちゃんすごいね!!と言う息子に、おじいちゃんも速かったんだよと
    25年以上前に亡くなっていて会ったことないおじいちゃんの話をしました。
    会ったこともなく、あまり親近感のないおじいちゃんを少しは身近に感じたかしら?
    おじいちゃんに足が速いか聞きたくなる絵本です。

    投稿日:2015/09/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • じいちゃんかっこいい〜〜!!

    • ちゃこらんさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 男の子4歳、女の子3歳、女の子1歳

    走るの苦手な子ってきっとたくさんいると思う。そんな子にエールを送ってくれる絵本ですね。
    田舎からきたおじいちゃん、「ぼく」からみたら冴えないかっこわるいじいちゃん
    運動会でPTAの対抗リレーにピンチヒッターとして登場してしまったおじいちゃんに、誰もが落胆しているのがわかるし、「ぼく」の心情も手に取るように伝わってきました。でも、いざバトンが渡ってみるとおじいちゃんの早いこと早いこと!!あっという間に一人抜き、二人抜き・・・陸上競技の選手だった他のお父さんまでも抜いてしまい一着でゴール!!この場面にはすごく心が躍ってしまいました。「ぼく」のじいちゃん、最高にかっこいいじいちゃんにかわって最後に練習している絵で締めくくられているのが素敵です。

    投稿日:2015/05/01

    参考になりました
    感謝
    2
  • 凄い!

    全頁試し読みで読みました。「ティーシャツのすそをズボンに入れて・・・」は、私も孫の着替えを手伝っている時に娘に言われたことだったので、この絵本を読んで苦笑してしまいました。「いつも笑っているだけのジィちゃん・・・・」は、とてもいいことなので真似したいなあって思いました。
    じいちゃんが、おとうさんの代わりに代役を申し出た時に「えっ、あっ、いや、その、けがでもしたら」のモジモジした返事に爆笑してしまいました。
    速く走る秘訣は、「右足を前に出したら、次は左足を前に出す。それを誰よりもはやく」助言は、そうなんだよね・・・・・それが確実な言葉なんだよね。どんな言葉にも難しく考えなくても自分なりの言葉でいいんだと妙に納得した私でした。とにかく結果が凄いことだったので、びっくりでした!ジィちゃんかっこよかったです!夢中になって一人で読んで楽しみましたが、孫たちのも読んであげたいと思いました。

    投稿日:2015/03/28

    参考になりました
    感謝
    2
  • 運動会前に

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    読んでいて、久しぶりに興奮しました。途中から結末は読めていたのに、じいちゃんがリレーでどんどん抜かしていく様子は気分爽快、ワクワクします。速く走れる方法もわかるし、運動会の前に読むのに、気分もあがるしちょうどいいですね。

    投稿日:2017/11/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 元気になれます〜

    子育て支援の仕事をしています。メンバー勉強会の絵本担当の日…この本を読みました。読み始めたとたん、笑いが聞こえ、読み進むうちに「おー」「なるほど…」「ヘー」そして…ジィちゃんが走りだしたとたん「わぁ〜!」「すごい〜」「かっこいい!」読み終わったときには、みんな笑顔で「楽しかった〜♪」読み終わって楽しく元気になれる絵本です。読み聞かせにぴったりです。読み聞かせの練習の時に夫に聞いてもらいました。夫も感動して、自分でも読んでいました。子どもだけでなく大人にもお勧めです。

    投稿日:2015/10/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 運動会は、始まる前から自信満々の顔とそうじゃない顔が分かれていますよね。
    親御さんの中でも、勇んで応援に来ている方は見ている姿勢まで良い(笑)。
    さて、主人公のぼくは、田舎からジィちゃんが応援に来るというのに、浮かない様子。
    走るのが遅いのだそうです。
    PTAリレーに出るおとうさんと一緒に練習もしているようですが、・・・・・・。

    運動会当日、僕は予想通り良い結果を出せず、PTA リレーに出るはずだったおとうさんも会社へ、・・・・・・。
    ピンチヒッターを買って出たジィちゃんに、だれも期待しないどころか、負けを決め込む諦めムードでしたが、・・・・・・。

    こんなカッコいいジィちゃん見たことないです。
    スピード感と迫力のあるジィちゃんの走りにビックリしました。
    観衆の大きなため息から笑い、そしてどよめきが大きな応援の声に変っていく様子に興奮します。

    人に歴史あり。ジィちゃんにも歴史がありました。
    昔取った杵柄。
    主人公のぼくはなんて幸せなんでしょう。
    こんなジィちゃんの姿を見られて。
    きっと一生忘れられないでしょうね。

    来年の運動会が、待ち遠しくなったんじゃないでしょうか。
    まずは、今日から、右の足を出したら左の足を出して、練習練習。

    投稿日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • ジィちゃん、最高!!(^^)

    図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

    いつもニコニコ笑ってるだけの、ぼくのジィちゃん。
    なんだかかっこ悪い…。
    でも運動会で、そんなジィちゃんの意外な姿に、ぼくは…?!

    おじいちゃんのキャラ設定が抜群で、とにかく最初は笑ってしまいました。
    そんなジィちゃんとはウラハラに、
    走るのが苦手な「ぼく」は、ずっと冴えない表情です。
    しかし、運動会当日、
    かっこ悪い「はず」のジィちゃんの、意外な姿にぼくの心は動かされ…!!
    読んでいる私たちも感動してしまいました。
    グッとお話に惹きつけられました。

    苦手なことに悩む子供が勇気をもらえる一冊だと思います。
    一見かっこ悪いジィちゃんが最高にかっこいいジィちゃんに変身する様が最高でした。

    くすのきしげのりさんの文章には、いつも感動させられています。
    それに加えて吉田尚令さんの描く人物の表情なり臨場感が素晴らしく、
    すごくいい本だなーと思いました。

    裏表紙の光景にも、心が和んで笑みがこぼれました。
    本当にジィちゃん、最高!!(^^)

    投稿日:2015/07/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ジィちゃん最高!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    いつもにこにこしているけど、ぼくのジィちゃんってちょっとかっこ悪い…と思うぼく。
    ぼくはそう言うけれど私はいいおじいちゃんだと思うけどなーと思いながら読みました。
    運動会のPTAリレーで突如、お父さんの代わりにアンカーとして出場することになったジィちゃん。
    …この後の展開がすごいです!はっきり言ってびっくりしました!
    絵もすごいです!
    読み終わった後、読者はきっとジィちゃん最高!と言うと思います!
    ジィちゃん最高!!!

    投稿日:2015/03/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • おじいちゃんの走りは半端なかったです。
    こんなスーパースターがいたら、自慢の種でしょうね。
    でも、諦めずに一所懸命に走る姿こそ、おじいちゃんが伝えたかったことではないでしょうか。
    おじいちゃんに無理をさせてしまったことに、ちょっと疑問を感じました。

    投稿日:2018/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像できてしまう…

    運動会…走るのが苦手で、徒競走の種目が嫌いな主人公のぼく。

    父さんはPTA対抗リレーの選手だったが、急な仕事で出られなくなった。
    ピンチヒッターを引き受けたのが、おじいちゃん。

    結末が想像どうりで不完全燃焼な感じがした。
    おじいちゃんが、何か決まりのセリフを言ってくれたりしたら。満足感があったのにな…と思う。

    投稿日:2017/11/16

    参考になりました
    感謝
    0

21件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あかちゃんの視線をくぎづけにする『もいもい』しかけ絵本

みんなの声(21人)

絵本の評価(4.77)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット