虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

オーパルひとりぼっち自信を持っておすすめしたい みんなの声

オーパルひとりぼっち 作:オーパル・ウィットリー
絵:バーバラ・クーニー
訳:八木田 宜子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1994年
ISBN:9784593503162
評価スコア 3.83
評価ランキング 36,199
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 寂しげなクーニーさんの絵と、散文のようなオーパル・ウィとリーの文章。
    なんとなく素通りして、作者の後書き、訳者の後書きを目にしたら、この絵本に描かれているものが、とても大きく思えてきました。
    文章はオーパルが5、6歳の頃に書きとめた「日記」だったのです。
    その日記は、義理の姉に破かれたものの捨てきれずにオーパルがしまっておいたものだったのです。
    その「日記」が形になったのはオーパルが20歳になった時。
    どうしてこのようなことになったのでしょう。
    破かれたのは義理の姉が目にした内容に対する怒り?
    どうして義理の姉と一緒に生活していたのでしょう。
    オーパルは小さくして両親を失っていたのです。
    そしてこの絵本に登場するのは養女として彼女を迎え入れた新しいお母さん。
    オーパルは寂しかったのです。
    20歳にしてこの絵本を出す際に、オーパルには日記に書かれたほどに養母に憎しみはなかったに違いありません。
    ただ、5、6歳のオーパルには、養母は厳しい存在だったのです。
    様々に心に染み入る要素をもった絵本です。
    寂しさの中で仲良くなった動物たちや、木にまで付けた名前はとても意味をもった名前ばかり。
    幼い子供が伝説や歴史上の人物の名前を、繰り出せたのは死んだ両親が残した「本」を読んで得た知識。
    子どもの視線で書かれていながら、年齢以上の深みと子どもならではの純粋さに満ち溢れています。
    何度も転居を繰り返したオーパル。
    噛みしめるほどに味わいのある絵本でした。

    投稿日:2012/10/05

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その8

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット