日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…

ひよよのおやつなかなかよいと思う みんなの声

ひよよのおやつ 作:ひよよ
出版社:三起商行(ミキハウス)
本体価格:\750+税
発行日:2015年04月
ISBN:9784895886703
評価スコア 4.45
評価ランキング 9,262
みんなの声 総数 43
「ひよよのおやつ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • とにかくおいしそう!

    まず、縦開きに作っているところがダイナミックでよかったです。そして、表紙の絵を見てわかるように絵がかわいい!でてくるお菓子がとにかくおいしそう!なおかつ、短いお話の中に道徳的なところもありつつ、でもさりげない所がいいなと思いました。保育園で年少さん達に向いている絵本かなと思います。

    投稿日:2015/04/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • さんすう

    子供たちに読んだら、予想外に3歳の長女が食いついていました。

    大きなドーナツをはんぶんこ。
    さらにはんぶんこして違う動物さんに。さらにさらにはんぶんこして、また違う動物さんに・・・。
    次から次へいろんな動物さんが出てくるのが楽しいのと、ドーナツがどんどん小さくなっていくのもおもしろいみたいです。

    親として思ったのは、「さんすうの勉強になるなあ」ということ。
    意外と知育絵本として使えそうです。

    投稿日:2015/04/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • かわいいお話で、優しさが学べる一冊。

    ちっちゃなひよこのひよよが、おやつの大きなドーナツを食べようとすると、お友達が次々やって来て……。ひよよはそのドーナツを半分、またその半分と次々と分けてあげるけど。さあ、自分の分はどうなる?
    誰かに贈った優しさは、巡り巡って帰ってくる。
    そんなシンプルな人生の法則を、1歳から2歳の子どもにも伝えられる、素敵な絵本です。

    投稿日:2019/07/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • まねできるかな

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子2歳

    2歳の次男に読みました。

    おおきなドーナツを次々やってくるお友達に半分ずつあげていくひよよちゃん。そんなことしていると、どんどん小さくなるのに!

    息子は食いしん坊なのでとても心配そうに見ていました。というか息子には真似できないと思います。ひよよちゃんのお友達はちゃんとお返しをくれてみんなでおかしを食べられてよかったですけどね。ほっとする結末でした。

    投稿日:2015/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良いことすると…

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    ひよよちゃんシリーズをまとめて3冊読んだのですが、この絵本が個人的には一番好きでした。

    自分の体より大きなドーナッツをお友だちにどんどんあげていたら、最後はとっても小さくなっちゃった…。
    あれっ…小さい…と思ったとき、ひよよちゃんからドーナッツをもらったお友だちがたくさんお菓子を持って集まってきました。
    良いことすると、良いね♪と小さい子でも分かる可愛いらしい絵本です。

    今度、2歳の息子にも読んであげようと思います。

    投稿日:2015/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • はんぶんこ

    まず、表紙の大きなドーナッツに注目していました。
    「おいしそう!大きいな!」とワクワクしますね。
    ひよよの優しいところは、みんなに「はんぶんこ」してあげることです。
    自分の分となると「あららっ」って感じですが、その表情もかわいかったです。

    投稿日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • なさけは人のためならず

    ひよよの大きなドーナッツのおやつ
    出会うお友達に半分ずつおすそわけ
    たくさんのお友達に出会って 最後には とっても小さなドーナッツになってしいます
    ひよよちゃん そんなに小さいドーナッツでいいの?!
    と、思ったら
    おすそわけしてあげた お友達がみんなして
    自分のおやつをおすそわけの恩返しにやってきます
    結果的にたくさんの おやつをみんなで食べる事ができて
    とても楽しく美味しいおやつになりました

    なさけはひとのためではなく めぐりめぐって自分にかえってくるとはまさにこのことですね

    大きかったドーナッツが とっても小さくなってしまって
    「ん〜〜」 
    と言っているひよよちゃんの表情がたまらなくかわいいです
    子ども達も そのシーンは笑ってみていました

    投稿日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ひよよの良さ

     ひよよちゃんの、優しさというか、人の良さ(ひよよの良さ?)を感じながら読み進みました。

     お友達に半分分けて、どんどん、小さくなっていくドーナツ・・・。ちょっと心配。でも、ひよよちゃんの体の大きさを考えたら、まだ大丈夫〜って思って読んでいましたが、最後には、さすがに、ちっちゃく、ちっちゃくなっちゃった!あら〜、ひよよちゃん、ショック!

     そこに再び登場するお友達。こんどはひよよちゃんに「半分食べる?」って美味しいものをいっぱい持ってきてくれたんですね。うれしい♪

     分かち合うことの大切さと楽しさが伝わってくるステキな絵本でした。

    投稿日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんが楽しめるシリーズ

    4歳の息子と読みました。
    年齢対象はもっと幼い子なのだけれど、
    ドーナッツがどんどん小さくなっていく様に、息子はけらけら笑っていました。
    最後、みんながお菓子をもってきてくれてよかったね。

    このひよよシリーズ、出てくるお友達はみんな一緒なのですね。
    とってもかわいいです。
    そして、赤ちゃんが親しみやすい動物(青虫だけは昆虫ですが)ばかり。
    クマちゃんより犬の方が大きいのが、なぜ?という感じですが。
    小さい子から順の登場か、大きい子から順か…。
    そして、オチがあって、でも最後は笑って。
    赤ちゃんがそのストーリーに笑って楽むのが確約されたかのような、
    良いシリーズだと思います。
    お年寄りの水戸黄門的な。。

    投稿日:2015/05/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんなに分けてあげるよ

     ひよよのシリーズ絵本は、3冊並べると、かわいい色ですね。

     大きなドーナツを、みんなに分けてあげるひよよ、
     リズム感のある言葉のくりかえしが、ここちいいなと思いました。
     ひよよとみんなの、うれしそうな顔にほっこりしますが、ドーナツがどんどん小さくなっていくのは、ドキドキします。

     たてにめくるデザインもおもしろいです。
     最後はみんなで豪華なお菓子を食べています。ほんわか、甘いお話とかわいい絵があっていました

    投稿日:2015/05/06

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / キャベツくん / いろんなこそだてずかん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



あしたがきらいなウールの背中を押してくれた奇跡の夜

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット