なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!

カノン」 ママの声

カノン 作:かんの ゆうこ
絵:北見 葉胡
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2006年02月
ISBN:9784061323278
評価スコア 4.64
評価ランキング 2,861
みんなの声 総数 10
「カノン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オルゴール

    とってもいいお話です。

    オルゴールが壊れてしまったのでそれをなんとかしようと、

    お店に行くお話ですが、オルゴールの中身ってこうなってたの?

    と思ってしまいました。

    しかも最後のページ、これにはやられました。

    絵を見ると、えっ!!そういうことだったの?

    と驚いてしまいました。

    投稿日:2016/09/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 神秘のオルゴール

    絵の透明感に惹かれて、手に取りました。

    町でオルゴールを拾ったノエ。
    音の出ないオルゴールを修理するため、張り紙を頼りに修理屋さんを目指します。
    ネコの修理屋さんからオルゴールの仕組みを聞き、直してもらったノエは…?

    なるほど、それで音が鳴るのかぁ…。
    オルゴールに秘められた仕組みが、とっても素敵でした。
    このままメルヘンな雰囲気のまま終わるのかと思いきや、最後の2ページと背表紙の折り返し部分を見てからというもの、頭の中は「???」でいっぱい!
    ノエっていったい、どういう女の子だっだんでしょう?
    最後まで神秘さを残したまま終わる、不思議なお話でした。

    投稿日:2012/09/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • オルゴールの中の不思議な小人

    ならなくなったオルゴールを直すために職人のもとにいく女の子。オルゴールの中で楽器を演奏する小人、カノンたちを捕まえに行くことにしました。楽器をえさにしてうまく小人が捕まるか?

    ラストではカノンを覗けるようだとよりよかったかもしれません。全体にはとても不思議な空気があってなかなか良かったです。カノンはもしかしたら作者のカンノさんの名前をもじったのかもしれないですね。

    娘も不思議な顔をして読んでいました。

    投稿日:2012/02/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • オルゴールの世界

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    『ふしぎなオルゴール』とセットでおはなし会で使おうとセレクト。
    カノンという言葉が印象的です。
    古びたオルゴールを拾ったノエは、修理してもらおうと
    「カノン・オルゴール店」を訪ねます。
    店主は壊れた理由を解説し、直してくれます。
    カノンとはオルゴールの住人、という視点が素敵でした。
    本来は音楽でいうところの輪唱に当たるであろうカノンですが、
    なるほど、そういう視点なら、オルゴールも違った楽しみが増えます。
    ラストはじっくり、絵だけでその不思議な世界を味わいましょう。
    子どもたち、わかってくれるかしら?
    ちょっと楽しみです。

    投稿日:2010/03/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵がとっても素敵です。

    図書館で表紙にひかれて借りました。
    北見葉胡さんの絵が、深く不思議な世界を作り出していると思います。
    最後まで見たとき 少しぞくっとしました。
    色がきれいで可愛くて想像がいろいろと出来て見ていて飽きません。
    手元に置いてゆっくり見たい本です。

    投稿日:2008/12/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • オルゴールの中

    ステキなオルゴールを拾ったけど、音がならなくて、修理に持っていく女の子のお話です。
    オルゴール屋さんは、ステキな楽器を作ってカノンたちの住む野原に行くと、ならなかったオルゴールから夢のような音楽が聞こえるようになります。

    絵もとても繊細で、オルゴールの中には本当にカノンたちがいるようです。
    子供たちの反応は思ったほどではありませんでしたが、私はステキな絵本だと思いました。
    これからはオルゴールを聞くのが楽しみになるような本です。

    投稿日:2006/07/08

    参考になりました
    感謝
    1

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その10 最終回

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット