いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

しろがくろのパンダです。」 ママの声

しろがくろのパンダです。 作:平田 昌広
絵:平田 景
出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2015年03月25日
ISBN:9784337016552
評価スコア 3.91
評価ランキング 34,882
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 言葉あそび大好きです!

    言葉あそびをしながら子供と読むにはおすすめです!
    助詞を変えるだけで、文章が全く違う形になり、感心したり、クスリと笑ったり。ページをめくる前に二人で予想しながら頭の体操!
    ストーリーを楽しむ絵本も良いですが、言葉あそびの絵本で言葉の面白さを知ることで、日本語に興味が持ってもらえるのでは。
    読み終わったあと、オリジナルの新しい文章を作るのも良いかもしれませんね。

    投稿日:2019/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありえない絵に大喜び

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子6歳、女の子4歳

    「が・の・と・を・に・で」と、助詞を変えると文が全く違う意味になるということを楽しむ絵本です。
    言葉遊びの中でも比較的わかりやすくて、普段は言葉遊び系の絵本は見てるだけになる4歳の子も、一緒に参加して楽しんでいました。
    「一番おもしろいのを言えばいいんや」と気づいた息子は、後半ちょこちょこ当たるようになってきて喜び、絵のありえない感じ爆笑し、なにやら楽しそうでした。

    投稿日:2017/11/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 難しい助詞が

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    短い一文の「助詞」だけを入れ換えると
    全く違う文ができる。
    できあがった文によっては、とんでもない
    意味に変身したりする?!
    小学生でも、なかなか難しいであろう
    「助詞」をつかったユーモア本。
    楽しいだけでなく、助詞についてきちんと
    説明がされているところも好感がもてます。
    4歳の息子にはまだ難しかったかな。
    つぎはどんな文に変身するかと予想しながら
    面白い絵を想像しながら一緒に読みましたが、
    文や絵によっては大ウケするものもあれば
    ポカンとした反応のものもあり。
    ですが、意味がわからないところがあっても
    何度も読んで聞いていれば、
    楽しく自然に、正しい日本語が
    インプットされそうな気がします。

    投稿日:2017/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一字違いで大笑い

    それだけでは何の意味も持たない助詞。
    でも、文章の中の助詞を一字変えただけで、トンデモナイことに!

    これ、おもしろいです♪
    ライオン「は」檻の中にいます。
    ライオン「の」檻の中にいます。
    娘も大笑い!

    絵がいい!
    トンデモナイ状況が、よく出てます(笑)

    難しそうな言葉「助詞」が、一気に楽しく簡単なモノに変身する一冊です!

    投稿日:2016/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 5歳にはちょっとと理解が難しかったかな

    5歳次女に読みました。助詞を変えるだけで(1文字変えるだけで)文章が変わってしまうことが、絵を使ってわかりやすく描かれています。

    次女には少し難しかったようで、「え?え?」といった反応でした。小学生以上の子が読むと「なるほどー」と感じて、面白く感じるんじゃないかな?

    投稿日:2015/07/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 助詞をかえて、言葉遊び!

    図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

    言葉の後ろにくっつき、それだけでは意味をもたない字、「助詞」。
    その助詞を一字替えただけで、全く違う意味の文になります。
    助詞が替わると、一体どんな意味の文章になるのかな?!

    最初、「助詞」の説明が出てきた時点で、
    「6歳児に理解できる(面白さがわかる)かな〜?(- - ;)」と思ったのですが☆
    そんなことは全くの杞憂で、大丈夫でした!(>▽<)☆

    どの文章も、ホント助詞が一字違っただけで、まったく別の、
    とんでもない文章になっったりするので面白い!!

    平田景さんの絵がとてもわかりやすく文章を説明してくれていて、
    6歳児でも難しいことを考えないで、内容を楽しむことができました。
    11歳の長女も「ハハハ!」と笑っていました。

    2〜3歳くらいのお子さんだと、「?」となるかもしれませんが、
    5〜6歳くらいのお子さんからなら、楽しめると思います。

    平田昌広さんと平田景さんのことばあそびシリーズ、
    他の本も読んでみたくなりました。

    言葉遊びって面白いですね(^^)♪

    投稿日:2015/07/09

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ちいさなあなたへ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • えんそく
    えんそくの試し読みができます!
    えんそく
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    楽しみにしていた秋のいもほり遠足に行けなくなり落ち込むコンタに、友だちがしてくれたこととは……? 


ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(10人)

絵本の評価(3.91)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット