話題
いっしょにあそぼ しましまぐるぐる

いっしょにあそぼ しましまぐるぐる(学研)

クリスマスにピッタリ♪100万部突破記念キャンペーン実施中!公式サイトオープン!

  • かわいい
  • ギフト
話題
真夜中のキョーフ

真夜中のキョーフ(フレーベル館)

5つの「キョーフ」があなたを襲う!!

  • びっくり
  • その他

ミイのおはなしえほん ちびのミイのおひっこし?」 みんなの声

ミイのおはなしえほん ちびのミイのおひっこし? 原作:トーベ・ヤンソン
文・絵:リーナ&サミ・カーラ
訳:もりした けいこ
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2015年05月30日
ISBN:9784198639495
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,765
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 何があっても超☆前向き

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    あのちびのミイがムーミン屋敷に同居すことになった。夜中に大騒ぎをするので、被害者のムーミンは連日の寝不足。とうとう家をでていこうとすると、ミイは「自分の家を作っちゃえばいいのよ」と…スゴイ提案。自分の勝手な行動の数々は全く気にせず、無責任発言。
    それを真に受けて、本当に家を建て始めるムーミンもスゴイ。意外と気が合うのかも。

    その後のめちゃくちゃな展開は、是非とも本書を見て欲しい。人間だったらいくつくらいの年齢かわからないが、おそらく未成年のような気がする少年(仮)ムーミンが、わけもわからず、情熱だけで材料を集め、家を建てる。もちろん大工の経験などない。アドバイザーは、例によってミイ。何ができあがるのやら、はじめから不安な展開。もう、こんな人生はギャグ。

    更にマイペースで能天気なフローレンが絡まる。ムーミン谷の住人は、普通の感覚の人がいない。みんな独自路線で後先考えず驀進する。この破壊力、このパワー。だれでも極めて行動的で積極的。

    なんだか、ちまちまと生活の事を考えて、スーパーの食品を買うのに数十円の値段の差を死ぬほど大袈裟に考えている自分がバカに思える。どうやったって、なるようにしかならないなら、この連中のようにもっと人生を楽しんでみてはどうだろうか?

    子どもが読んでも楽しめるけど、もちろん年齢問わず楽しめる作品だと思う。強烈なギャグとユーモア、皮肉が含まれて、毒にも薬にもなりそうな絵本だ。

    投稿日:2019/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 餅は餅屋で…。笑

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子6歳、男の子3歳、女の子1歳

    しかし、自分で自分の家を建てようとする心意気は素晴らしい。なかなか真似できないですよ。ミイの言うだけ番長っぷりと、フローレンの気の早さがなかなか面白いお話です。しかしミムラ夫人ってこんなに子沢山なんですか?!知らなかった…。

    投稿日:2018/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • やんちゃなミィ(^^)♪

    図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

    夜になると、ムーミンの部屋であばれまわるちびのミィ。
    すっかり腹をたてたムーミンに、ちびのミィが言います。
    「自分で、家をたてちゃえばいいのよ!」
    その気になったムーミンは、自分の家を作り始めますが…?!

    なかなか上手くいかないムーミンの家づくりが面白かったです。
    各登場人物も面白くて、くすっとしてしまいました。

    最後のミィの引越し先も、なかなか味があって面白かったです。
    次のお話も楽しみです(^^)☆

    投稿日:2015/09/06

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぼくの席がえ
    ぼくの席がえ
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    海くんのことは、まだよく知らないのに、席がえでとなりの席になって……。


今年2回目の西日本新聞社オススメ児童書コンテスト開催♪

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット