話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

アレクサンダとぜんまいねずみ」 その他の方の声

アレクサンダとぜんまいねずみ 作・絵:レオ・レオニ
訳:谷川 俊太郎
出版社:好学社 好学社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1975年01月
ISBN:9784769020059
評価スコア 4.79
評価ランキング 411
みんなの声 総数 85
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いつもは私からネットとか絵本雑誌で名作という絵本を探し出して、姪っ子に読んであげているのですが、この「アレクサンダとぜんまいねずみ」は姪っ子が私にこの絵本いいから読んでと自発的に学校の図書館から借りてきた絵本です。
    いろいろな絵本を姪っ子のために読んであげていた私ですが、この絵本いいですね。好きです。
    まず、ねずみのアレクサンダはほんの少しのパンが欲しいだけなのに、人間から疎まれて悲鳴をあげられたり、追われたりします。一方ぜんまいねすみのウィニーは、おなじねずみの格好をしているのに人間に好かれて人間と一緒にベットに寝たりしています。アレクサンダは羨ましがるけど、ウィニーはぜんまいをまかないと動けない。自由がないのですよね。
    それで紫の石の力をかりてねがうのは、ぜんまいねずみを本物のねすみにすることでした。
    小学校の国語の授業には、玩具を大事にしないといけないとか教育的に持っていくのかもしれないけど、そういう押しつけみたいな絵本の読み方はしたくないです。絵本は絵本として楽しくよんで、子供が自発的に絵本は面白いもっと読みたいと思うようになればいいと思います。

    投稿日:2007/07/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • ねずみの アレクサンダは おなかがすいて パンくずをほしいだけなのに・・・・・ でも 人間は ほうきで追いかけたりする

    そんな時であった ぜんまいねずみのウイリー
    自分も ぜんまいねずみになりたいと思うのです

    でもね ウイリーはかわいがられていたのに・・・・
    ある日  おもちゃ箱に捨てられてしまう運命に

    ああ〜

    いきものに変えてくれる まほうのトカゲがいることを知り 
    まんげつの時 むらさきのこいしを持って行ったら  ねがいを 叶えてくれるというのです

    そして その願いを叶えてもらえる日が・・・・
    アレクサンダは 何を願ったと思いますか?

    それは ひみつ 絵本を読んだ人への プレゼントです

    願うがかなうならば・・・・・ 友だちができた喜びを 
    なんだか 嬉しいですね
     
    ちょっとせつなく 嬉しいお話でした

    投稿日:2019/03/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • ウィリー

    このお話は、アレクサンダとウィリーが会って、いろいろあって、ウィリーがアレクサンダのようなねずみになるお話です。

    アレクサンダは、とかげにウィリーをねずみにかえてくれるようにたのんで、トカゲは本当にやってくれたのが、すごくいんしょうぶかかったです。

    もしぼくがアレクサンダだったら、やっぱりウィリーを本物のねずみにかえてくれるようにたのむと思います。ウィリーが本物のねずみになれてうれしかったです。

    読んでみて下さい。

    投稿日:2011/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねがうことは・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    ゼンマイねずみがアレクサンダによって本物のねずみになって良かったと子どもは思いますね・・・

    本当は自分がゼンマイのねずみになりたかったはずなのに・・・
    人間にうとまれ続けるけど、自分で生きることが出来るほうが、すごいことに気づいた、アレクサンダは、願いを変更します

    結果的に、ウィリーというかけがえのない親友も出来て、生きていく上でもかなり力になるに違いないでしょう・・・
    人生には何が起きるかわからない、というのも隠れたメッセージのような気がします

    投稿日:2011/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1年生の時

    小学校入り、初めての本格的な物語を勉強することになった作品でした。なぜか今でもとてもよく覚えていて、印象に残ってます。ぜひ、小学生くらいの子に読んでほしい一冊だと思います。

    投稿日:2003/03/25

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / おててがでたよ / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / わたしのワンピース / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(85人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット