新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ

ママ なんサイ?」 みんなの声

ママ なんサイ? 文:越智 あやこ
絵:丸山 誠司
出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
税込価格:\1,430
発行日:2015年09月
ISBN:9784871103282
評価スコア 4.4
評価ランキング 12,285
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • とうとう根負けして、耳打ちしてますね

    女の子が、ママの年をしつこく聞いてきますが、ママは、ごまかしてなかなか教えてくれません。ママは、”てんサイ・さんサイ・こげくサイ・かつしかほくサイ・はくしゅかっサイ・てれくサイ等等よく思いついたなあと感心しました。女の子も教えてくれるまで聞くのでとうとう根負けして、そっと耳打ちしてました(笑)面白く楽しい絵本でした。

    投稿日:2019/01/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供は気になります

    このお話は、お母さんの年が気になる女の子がママに「何歳?」と質問するお話でした。でも、お母さんは語尾のサイを使いながらうまくごまかしている様子がとっても面白かったです。最後には耳打ちで教えてあげていたのですが、うちの子もこの絵本を見て私の年を教えてとせがむようになりました(笑)

    投稿日:2016/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • きっと、ママの共感を呼びます

     そうなんです。ママは、あまり子どもに年齢を言いたくない。だって、「わたしは5才。ママは○才なの〜」と、とても無邪気に、大きな声で言っちゃうから(笑)

     「年齢を隠す必要なし。年を重ねるって、そんなに恥ずかしいこと?」と思ってはみるものの、「あいまいにしておいた方が、良かったなぁ〜」と思うこともあり、その辺、なかなかビミョーです。

     なので、こうなるのですね。「てんサイ」「さんサイ」「こげくサイ」・・・と。

     単に「サイ」を並べるだけではなくて、うまくストーリーとして繋がっているところが面白いと思いました。ただ、「かつしかほくサイ」子どもにわかるかなぁ?この絵本をきっかけに教えてもらえばいいのかな?

     最後のページのないしょ話。ママの秘密(?)を教えてもらったのかもしれませんね。子どもよりも、ママの共感を呼びそうな絵本です。親しみやすく、元気な絵です。

    投稿日:2016/04/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 葛飾北斎で、大爆笑!

    楽しい、楽し〜い♪
    日本語って楽しいですね。

    聞かれました〜、私も息子に。
    39歳と10ヶ月で生んだものですから、なかなか素直に答えられなくて、・・・冷や汗ものでした。

    この作品のママのかわし方には、も〜、お見事としか言えません。
    主人公の女の子が諦めず「ママ なんサイ?」を繰り返す様子に、私まで、ドキドキでした。

    葛飾北斎で、大爆笑!
    静かにしなサイは、迫力がありますねぇ〜。
    八宝菜に至っては、呻ってしまいました。

    パタリと絵本を閉じると、裏表紙にも、・・・・・・。

    投稿日:2016/03/14

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みんなで参加しよう!えほん祭

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット