もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。

オリバ−くん自信を持っておすすめしたい パパの声

オリバ−くん 作:ロバート・クラウス
絵:ホセ・アルエゴ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1975年
ISBN:9784593500086
評価スコア 4.37
評価ランキング 11,411
みんなの声 総数 29
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい パパの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 本当になりたいのは?

     ふくろうのオリバーくんは、演技するのが大好き。
     そんなオリバーくんを見て,お母さんは俳優になることを望み,お芝居の勉強をさせます。
     また,パパは,弁護士かお医者さんになってもらいたくて,お医者さんごっごと弁護士ごっこのおもちゃを買ってあげます。

     そんな両親の期待を受けて,どんなお芝居もこなし,両親を喜ばしたオリバーくんでしたが,大人になって選んだ職業は・・・・。

     絵本を読み終わって,子供は無邪気に「僕は○○になりたい!」と言っていましたが,親というものは,どうしても自分の夢を子供に託して,期待してしまうんだなと少し反省しました。

     最後には,オリバーくんは自分の好きな道を見つけて活躍しますが,息子も,オリバーくんのように本当に自分にあった職業を見つけられたらと思いました。
     ちょっぴり,皮肉のきいた,面白い絵本でした。

    投稿日:2011/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    どんぐりちゃんの一生を描いた韓国のやさしい翻訳絵本


寝ちゃうなんてもったいない!? 『ねたあとゆうえんち』大串ゆうじさんインタビュー

みんなの声(29人)

絵本の評価(4.37)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット