宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぼくは、チューズデー 〜介助犬チューズデーのいちにち〜自信を持っておすすめしたい みんなの声

ぼくは、チューズデー 〜介助犬チューズデーのいちにち〜 作:ルイス・カルロス・モンタルバン
共著:ブレット・ウィッター
写真:ダン・ディオン
訳:おびか ゆうこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2015年05月25日
ISBN:9784593505753
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,331
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ベストパートナー

    • ちょてぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    介助犬は、日本ではまだまだ認知度が低いようです。実際、私達親子もこの本と出会うまで、その存在について知りませんでした。しかし、その存在を必要とする人、その存在に救われる人は、数多くいます。この本のチューズデーのような心優しいベストパートナーとなりうる介助犬の認知度が上がり、より頭数も増えることを願って止みません。

    投稿日:2015/08/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • お互いの信頼感が伝わってきます

    盲導犬、聴導犬、生活全般のお手伝いする介助犬・・・
    いろいろな介助犬についての
    絵本も多いですが
    このチューズデーの愛くるしい表情の表紙に惹かれ
    図書館から借りてきました

    開いて、カバーのところに
    「せんそうでけがをした ルイスは・・・」と
    書いてあります

    今、日本では「軍人さん」はいません
    「兵役」もありません
    「退役軍人」という言葉から
    知らなければならない 
    気付かされることになるかと思われます

    寄り添う介助犬チューズデーの献身振りに
    感心するしかありません
    チューズデー側の視点でおはなしは進められていきます

    やさしさ、おもいやり
    お互いの信頼関係の大切さを
    とても感じさせられます

    ルイスの不安そうな顔、表情と
    逆に、チューズデーによって
    安心感、笑顔に
    ホッとします

    1日の流れが、家族と過ごすような雰囲気で
    一緒に眠るシーンには
    1日の終わりに、ホッとするシーンです

    ルイスからのメッセージ
    訳者さんのあとがき も
    丁寧に読ませていただきました

    投稿日:2018/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • こころも介助

    介助犬の本は、いくつかみてきましたが、毎回その賢さに感心するばかりです。

    今回は、介助犬の働きそのものよりも、介助を受けている人が、退役軍人ということに衝撃を受けました。
    戦争で大きなけがを負い、もちろん体の自由もきかなくなってはいるのですが、ルイスにとってのチューズデーは、日常動作の介助をしてくれることよりも、こころの支えになっている部分の方が大きいのではと感じました。

    人ごみで、家で、パートナーの息づかいや胸の音を聞きわけて、こころの状態に気づいてくれる。
    どれほど心強いことだろうと思いました。
    軍人時代の逞しいルイスの姿をみていると、決して、他人事ではないと思いました。

    日本で介助犬をみかけることは、あまりありません。
    もっと、理解と活用が広がるといいなと思いました。

    投稿日:2017/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 介助犬のお話

    このお話は、チューズデーという名前の介助犬が体の不自由なスイスという男の人との一日をどう過ごしているかを描いたお話でした。介助犬が人間を助けている様子がうちの子はびっくりしたらしく、賢い犬がいるのに驚いていました!こういった人や犬がいるっていうことを知るいい機会になる絵本でよかったです。

    投稿日:2016/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • チュースデーの姿に感動

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子4歳

    4歳の娘と読みました。

    介助犬という犬がいることはちょっと聞いたことがあったのですが、
    このように介助犬の生活に密着したドキュメンタリーは
    初めて読みました。

    戦争での後遺症をかかえるルイスを助けるチュースデー。
    ルイスとチュースデーの深い絆が、とってもよく伝わってきます。

    また、生後すぐに介助犬になるために訓練を受けてきたチュースデー。
    人間のパートナーとして、まさに手となり足となり、
    人間以上の働きをするチュースデーの姿には
    非常に感動させられるものがあります。

    4歳の娘も、犬が大好きで、
    散歩中の犬に出会うと必ずといっていいほど追いかけていきます。
    こんなに人間のために頑張るチュースデーの姿は、
    そんな犬好きの娘の心にも、
    印象深く残るに違いありません。

    投稿日:2015/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 介助犬の話。

    介助犬というものをこの本を読むまで知りませんでした。
    盲導犬は知ってましたが介助犬(この本には登場しませんが聴導犬)はそこまで有名ではないように思います。現にあとがきによると日本には盲導犬が1010頭いるのに対して、聴導犬57頭、介助犬71頭しかいないのだとか。
    この本では、戦争で大怪我をして精神的にも不安定なルイスと、彼の心身を助けるチューズデーの暮らしが紹介されています。
    介助犬という素晴らしいお仕事をする犬たちのことを知る良い機会となりました。

    投稿日:2015/07/11

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット