話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

わたしが外人だったころ自信を持っておすすめしたい みんなの声

わたしが外人だったころ 作:鶴見 俊輔
絵:佐々木 マキ
出版社:福音館書店
本体価格:\1,300+税
発行日:2015年05月15日
ISBN:9784834081688
評価スコア 4.4
評価ランキング 11,603
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

自信を持っておすすめしたい みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • イラストも素敵ですね。

    作者は太平洋戦争が始まった時にアメリカに留学中で、アメリカから日本に帰ってきてからも自分を「外人」だと感じて生きていたそう。
    「今もわたしは外人だ」と述べる作者のメッセージ。
    佐々木マキさんのイラストも素敵で味わいありました。

    投稿日:2019/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本人ということ

    佐々木マキさんの絵ということで手にした本ですが、私のイメージする佐々木マキさんが別の人になっていました。
    鶴見俊輔さんが、太平洋戦争を挟んで、日本人であることについて、感じたことが綴られています。
    戦争が始まるまでは、留学生としてアメリカにいた筆者は外人という排他的な意識から解放されていたのです。
    戦争が始まり、敵国の人間として外人扱いが始まってから、筆者は日本人であることを意識させられます。
    交換船に乗って日本に戻った筆者は、日本人として敵国の外人と戦うことになります。
    ここでいう外人は人間ではないのです。
    筆者の経験談は、重要な人間認識として受けとめました。
    子どもたちはどの様に受けとるのでしょうか。
    佐々木マキさんの絵も素敵でした。

    投稿日:2018/01/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 鶴見俊輔さんの生きてきた時代 
    日本人ですが アメリカに16歳から19歳まで過ごし 大学で学んでいました
    大学に入って3年目に戦争が始まりました。
    日本とアメリカはじめ連合国との戦争です
    もちろん日本人の鶴見さんはとらえられました。   そして、彼は 日本に戻ることを選択したのです
    日本に戻ると、海軍に入り戦争  胸部カリエスという病気にかかり
    陸軍病院で手術を受けるのです(いろんな戦争体験があったのですね)

    1945年日本は敗戦します。
    1945年8月6日・8月9日 原爆が広島と長崎に投下されました

    鶴見さんは 「私はアメリカ人を憎む事はできない」と語っています
    私は日本人の中の外人と語ってもいます
    複雑な思いがあったのでしょうね(アメリカの友人もいましたから)
    地球の人口は72億人・日本人は1億2000万人です地球上の人間全体の中で、日本人にとっては、外人の方が多い。 日本人は、外人にかこまれて、この世界で暮らしているのに、日本人本位に考えるのでは、私たちは地球上に住みにくくなります。
    そう語っています

    私は、鶴見さんのこの本を読んで じっくりと 考えてみますと  
    なるほどと思います
    地球上には多くの人間が 生きています
    戦争せずに生きていけたら うれしいです   
    戦争はしたくないです  これが私の願いです

    (1995年7月1日発行   たくさんのふしぎ傑作集) 
    佐々木マキさんの絵 なかなか うまく描かれています

    投稿日:2016/05/09

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…


出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット