宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

絵巻えほん 川」 みんなの声

絵巻えほん 川 作:前川かずお
出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:1981年
ISBN:9784772101080
評価スコア 4
評価ランキング 24,785
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ゆっくり 眺める。

    遊んでいる人、仕事をしている人、たくさんの人々が様々な表情を
    見せてくれていて
    そこかしこから いろいろな会話が聞こえてきそうです。
    楽しいことばかりではなく、洪水などの大変さも垣間見ることができ
    子供との会話のきっかけになりそうです。
    眺めているだけでも、とても楽しい絵巻です。

    投稿日:2010/01/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 川の上流から、流れが海に出ていく川の景色を、凝縮しながら、様々の景色をお願いしたこと、さまざまな人間の生活が描かれていること、絵巻ものとして、区切られることなくつながっていること、とても凝縮巻のある絵本です。
    あちこちに味わいのある絵があって、見飽きることのない絵本です。

    投稿日:2014/04/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット