なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!

ちいさなメリーゴーランド」 その他の方の声

ちいさなメリーゴーランド 作:マーシャ・ブラウン
訳:こみや ゆう
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2015年06月15日
ISBN:9784907613068
評価スコア 4.75
評価ランキング 800
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろんな気持ちを味わいます。

     マーシャ・ブラウンが28歳の時のデビュー作。6色の限られた色だけを使った、すっきりとした印象の絵本です。

     ニューヨークのサリバン・ストリートに一人の男の子がいました。遊び友だちもいず、自由に使えるお金もなく、一人でお留守番です。つまらない!


     そんな時、メリーゴーランドがやってきました。なんて、心躍る、メリーゴーランド!!男の子もみんなと一緒に、通りに飛び出しました。お金を持っている子どもたちは次々に乗っていきます。音楽にあわせ、メリーゴーランドは回ります。男の子は見ているだけ。それでもすべてが夢のよう。すると、メリーゴーランドのおじさんが・・・。

     男の子のつまらない気持ち、わくわくする気持ち、うらやましい気持ち、そして嬉しい気持ち、感謝の気持ち。読み手は男の子と一緒に様々な感情を味わいます。それがこの絵本の魅力だと思います。おじさんの優しさも温かく、嬉しいです。

     最後にメリーゴーランドは、さっと行ってしまい、話はおしまい。終わり方も見事。

    投稿日:2016/02/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • マーシャ・ブラウンがはじめて描いた 絵本だそうです 

    実際に住んでいた ニューヨークのサリバン・ストリートの自分の部屋から見た  様子が 書かれています
    第二次世界大戦の帰還兵を祝う飾りが揺れていたと後書きに書かれていました(時代背景)

    お話は   一人で 淋しい思いをしていたアンニー
       
    お小遣いがあればみんなと一緒にアイスクリームもかえるのにと・・・・窓からながめていたのです

    そんな時 馬車に乗ったメリーゴーランドを見つけたのです
    子どもの夢ですよね

    てまわしで動く 
    おじさんから頼まれ てまわしを手伝った お礼におじさんは メリーゴーランドに乗せてくれたのです!

    どんなに嬉しかったことでしょう!

    このおじさんとの出会いが アンソニーに勇気をくれたんだと思います
    マーシャ・ブラウンの 初めての絵本は 優しい絵のタッチで 子ども心を描いています

    投稿日:2019/07/11

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット