新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる

しっぽのはたらきなかなかよいと思う みんなの声

しっぽのはたらき 作:川田 健
絵:薮内 正幸
出版社:福音館書店
本体価格:\900+税
発行日:1972年
ISBN:9784834003154
評価スコア 4.75
評価ランキング 767
みんなの声 総数 60
  • この絵本のレビューを書く

なかなかよいと思う みんなの声から

みんなの声一覧へ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 色々なしっぽ

    クイズ形式で沢山の動物のしっぽが絵で描かれています。
    説明がとても詳細でしっぽにはどんなはたらきがあるのかわかります。孫悟空ではありませんが、しっぽってとても不思議な感じ。しっぽ取りゲームも幼稚園で流行っていたこともありました。賢くなれる絵本です。

    投稿日:2020/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になる!

    動物のしっぽの役割が、かわいい挿絵でわかりやすく紹介されていました。大人でも「へ〜、そうなんだ〜」と言いたくなるものばかりでした。うちの子の感想は、果物をもぎとったり、枝をつかんだりすることができるしっぽが一番欲しいと言っていました(笑)

    投稿日:2020/03/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • クイズ形式

    薮内正幸さんの描く動物は、いつも、どれも素晴らしいです。
    こちらの絵本では、動物たちのしっぽの役目を紹介してくれています。
    移動のため、威嚇のため、ハエを追い払うため、感情表現のため、などなど、動物によって、しっぽの役割は違うんですね。
    大人も勉強になりました。
    「このしっぽの持ち主はなんでしょう?」というように、クイズ形式になっているのも楽しかったです。

    投稿日:2019/11/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろなしっぽ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    いろいろな動物のいろいろなしっぽが登場します。
    動物によってしっぽも役割が違うことがわかりますね。
    お話絵本が多いのでたまにはこういう絵本もいいかなと思って読んでみました。
    だれのしっぽかな?とちょっと考えながら読むのもいいです。

    投稿日:2016/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • しっぽのはたらきが良く分かります

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    科学の絵本が最近のマイブームなので、薮内正幸さんの作品は良く読んでいます。
    最初のページで、
    「これは くもざるです。
    しっぽで くだものを 
    もぎとっています。
    べんりな しっぽですね」
    とあって、尻尾の先が見えません。
    前のページを見てもないので、腑に落ちなかったのですが、ふと読み終えて表紙をみると、尻尾の先が果物に巻きついています。
    それを、オオハシが見ているというのが表紙だったのですが、色鮮やかなオオハシに気を取られて気付きませんでした。

    本の構成は、右のページに動物の尻尾があって、「なんの しっぽでしょう?」という質問があり、めくると正体が判明するというもの。
    クイズ形式というのは、やはり楽しいものなので、盛り上がることは間違いありません。
    ただ、イルカとかトカゲとか登場するので、一寸統一感がないかなという感じがします。
    しっぽということがテーマですから良いのですが、陸上の動物に限定して比較した方が、理解が進んだと思います。

    専門家が監修しているだけあって、説明は非常に分かりやすいもの。
    科学の絵本として年少くらいからを対象にオススメします。

    投稿日:2010/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 低年齢から楽しくわかるしっぽの不思議

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    近いうちに学校で特集を組んで紹介したいな、と思っているので、科学絵本を読みあさっています。
    この絵本は、先にテーマの「しっぽ」だけ出ていて、このしっぽの持主は?みたいなクイズ形式の内容になっているので、とても楽しく、読みやすい作りになっています。
    ですが、きちんとその生き物(動物や爬虫類)のしっぽの性質について、簡潔に分かりやすく説明してくれています。

    イラストも大変見やすいし、文章はひらがなのみ(漢字なし)で、書かれているので、低年齢の幼稚園くらいから1人読みもできそうです。
    読んであげるなら、幼稚園くらいから、小学校中学年くらいかな〜。
    小さい子でもわかるように描きすぎていて、高学年だと、ちょっと幼稚過ぎてつまらないかもしれません。

    投稿日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほどふむふむ

    • たんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 奈良県
    • 女の子7歳、男の子3歳、女の子1歳

    1年生の子どもが自分でよんでいました。
    とてもわかりやすくかかれています。
    私も知らないことだらけでとても勉強になりました。
    しっぽひとつにも色々あるんだなぁと親子共々感心していました。

    投稿日:2009/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • なるほど。

    しっぽの働きって知ってるようで知らなかったなぁ…と思いつつ読みました。
    5歳の息子は「なんのしっぽ?」で興味ひかれる様で何回か読んで誰のしっぽか覚えては嬉しそうにしていました。
    しっぽの働きまで覚えているかは怪しい…と思いますが動物や動物のしっぽに興味をひかれるというのは素敵な事なのではないかとおもいます。
    問いかけつつ読める本なので親子で楽しめました。

    投稿日:2008/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動物に興味

    動物は大好きな息子だけど、しっぽに観点を持ったことって あるのかな?
    しっぽにも、ちゃんと 大切な役割がある・・・。
    それを 教えてくれる絵本です。

    2歳10ヶ月の息子には きっとそれぞれの動物のしっぽの役割って事に関しては 理解がないだろうけど、しっぽって 大切なんだなってこと、感じてくれたんじゃないかな。

    ページをめくる前に「このしっぽは誰?」っと、あてっこみたいな構成で こどもの関心をひくと思います。

    投稿日:2006/09/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らなかった!

    絵がとても繊細で,今にも動き出しそうな動物たちです.しっぽにもそれぞれいろんな働きがあるんですね.親子で勉強になりました.子供達は切れてもはえてくるトカゲのしっぽに興味津々で「すごいね〜」を連発していました.

    投稿日:2006/04/21

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



2月の新刊&オススメ絵本情報

全ページためしよみ
年齢別絵本セット