ばけばけばけばけ ばけたくん おるすばんの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん おるすばんの巻 ばけばけばけばけ ばけたくん おるすばんの巻の試し読みができます!
作: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
ばけたくん10周年めの「おるすばんの巻」! どんなおるすばんするのかなー?

パンやのろくちゃん なつだよ!」 みんなの声

パンやのろくちゃん なつだよ! 作:長谷川 義史
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2015年07月13日
ISBN:9784097265993
評価スコア 4.75
評価ランキング 773
みんなの声 総数 11
「パンやのろくちゃん なつだよ!」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • はなかっぱのおうちと同じ家族構成。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    一人っ子の男の子は皆に気にかけてもらえながら大事に大事に育てられそうだね…!我が子が大好きなパンやのろくちゃんシリーズ、夏らしいエピソードがいっぱいです。大好きなゆきちゃんに格好悪い所は見せられないと思うろくちゃんの男心がまた可愛らしい!

    投稿日:2017/10/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりろくちゃん大好き

    パンやのろくちゃん、子どもが小さい時に何度も読み聞かせしました。短いお話がたくさん入っているところも子どもが気に入った理由の一つです。それと、どこか、小学生の子どもが書いたかのような口調の文章も親近感があります。

    そして、何よりもお茶目なろくちゃんやろくちゃんをとりまく家族たちのキャラクターが可愛い!

    おしっこもらしてしまったり、パンツが脱げてしまったり・・
    金魚すくい、お母さんに内緒で何度もやってみたり。
    どこにでもいそうな男の子。そこが子どもも自分と一緒だなと共感できるのだと思います。

    さすがは長谷川さんと思わせるユーモアもたっぷり込められていて、大人も子どもも楽しい絵本です。

    子どもがこの絵本を卒業した後にも、まだまだ新刊が出ていたと知って嬉しくなりました。
    やっぱり改めて読んでみてもろくちゃん最高です。

    投稿日:2017/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏にぴったりの絵本

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    夏にぴったりの絵本ですね。
    失敗に終わっちゃうことが多いけれど、かわいくって憎めないパン屋のろくちゃん。町の人に愛されている商店街の子という感じになんだか穂ホッとします。
    ピールに肝試しに金魚すくい、花火大会と夏の日のできごとがおもしろく描かれていて楽しい。
    1話が6ページくらいの短編4作になっていて、本を読み始めた子どもにも読みやすそうでした。

    投稿日:2017/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつだよ!

    「なつバージョンだぁ!」
    ろくちゃんは、娘にもすっかりお馴染みのようです。

    夏らしさいっぱいで、夏をめいっぱいたのしむカンジが伝わってきて、こっちまで夏を満喫!
    今が真冬ということを忘れそうになってしまいました(笑)

    ろくちゃんんには、大人の知り合いがいっぱいいて、商店街ならではだな〜と思いました。
    このお話のこういうところが、温かみがあって好きです。

    このシリーズ、しばらくハマりそうです!

    投稿日:2017/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人気のろくちゃん

    「パンやのろくちゃん」は、雑誌でも大人気ですね!
    短いおはなしが複数入っているので、
    小さなお子さんが楽しめると思います。
    パン屋のエピソードはあまり出てこないのですが、
    ろくちゃん以外のキャラクターも、個性があって愛着がわきます。

    投稿日:2016/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬に読んでもおもしろい!(^^)

    図書館から借りてきて、6歳と11歳の娘たちと読みました。

    どのお話も面白かったですが、
    6歳の次女は特に『“はなびたいかいにでかけたよ”のまき』が
    一番面白かったそうです。
    プールでしろい海水パンツのろくちゃんにも笑っていました(笑)。

    冬に読んでも、とても面白かったです(^^)♪

    個人的には、両見開きにカレー屋のおじさんがいて嬉しかったです(笑)。
    娘たちはフンガくん探しも楽しんでいました!(^^)

    ろくちゃんシリーズ、ほんわかとしてあったかくて、
    とっても楽しいから親子で大好きです!!

    投稿日:2016/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • マネはしないで

     夏休みもそろそろ終わり。
     子どもたちは宿題で大忙し。「ねえねえ、お母さん、この夏何をしたっけ、ぼく」なんて聞いている子どもはいないでしょうね。
     誰も教えてくれないよ。
     それでも、思い出せない時は、長谷川義史さんのこの絵本を読んでごらん。何かのヒントになると思うよ。
     「かおがパンパン パンやのろくちゃん」が主人公のこのシリーズは、パン屋の子どもろくちゃんと商店街のお店の人たちの交流を描いて人気ですが、今回の絵本には夏のお話が四つも収められています。

     「なつまつりのきんぎょすくい」「ゆきちゃんさそってプールにいって」「きもだめしでがんばって」「はなびたいかいにでかけたよ」。
     どれも夏の行事を舞台にろくちゃんの変な活躍が楽しめます。
     金魚すくいは、たくさんの子どもたちがしたのではないかな。逃げる金魚を追いかけても、すぐに破けてしまった経験はきっと誰にもある。ろくちゃんの場合は、お母さんに一回しかしてはいけないという約束をお父さんと破ってしまうのだけど、金魚すくいって子どもだけでなく、大人も夢中になるよね。
     そんな光景、見なかった?
     そういうのが、面白い絵日記になったりするのじゃないかな。

     花火のお話は切実。だってろくちゃんがおしっこしたくなって、トイレに行くのですが、長い順番待ちの列が出来ていて、とうとうおもらししちゃう話。まさか、そんな子どもはいないでしょうが、いたとしてもそれは絵日記には書けないよね。
     やっぱり書くとしたら、きれいな花火を見ましたぐらい。でも、長谷川さんの絵本にあるように、花火の音ってとても大事ですよね。 「ドドドドドドドド ドドドドドドドドン ドーン!」
     きっと耳にした時は、もっとたくさんの音が聞こえたはずだよ。そんなところに工夫をしたら、先生にほめられるんじゃないかな。

     この絵本はそんなふうに子どもたちの夏そのもの。大人の読者には懐かしい夏かもしれません。
     でも、これはあくまでもパンやのろくちゃんの夏のお話。
     そっくりマネするのは、よくないからね。

    投稿日:2015/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏がつまった絵本

    こどもの頃を思い出しました。昔とかわらない夏が描かれているので、大人が読めば、なつかしい気分になると思います。
    プールのにおいだったり、花火の音だったり、きもだめしの夜のひんやりした感じとか、気がつけば、五感で楽しんでいました。
    それくらい、濃厚に夏の楽しさがつまった絵本です。
    いつの季節であっても、この絵本をめくれば、夏にもどれるのではと思いました。

    投稿日:2015/08/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図書館司書さんのお奨めで 借りました
    長谷川さんの ぱんやのろくちゃん なつだよ!のまき

    きんぎょすくいは おとうさんとの思い出 おめあてのでめきんをすくいたいろくちゃん
    でも・・・・ すぐにかみがやぶれて でめきんはすくえません
    ここで お父さんがかっこよく すくえたらよかったのかな〜?
    ところが めんぼくない   
    おかあさんには 一回だけといわれていたのですが・・・・
    お父さんとろくちゃんとのひみつ 
    ところが・・・・ ひみつがばれてしまうところがなんだか間が悪いけれどもかわいいな〜わらえますが・・・(ちょっと 気持ち分かるだけに ・・・)

    かっこよくいたい ろくちゃん  ゆきちゃんのまえではねとくに

    プールのまき きもだめし はなびたいかい
    みんな みんな ろくちゃんのきもちがわかるだけに笑えるけれど
    いい話です 
    ろくちゃんは 町のみんなにも愛されているんだな〜
    わたしも 応援していますよ

    こういう 町中の人気者の ろくちゃんにほっこりです

    投稿日:2015/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • ろくちゃんの白い海水パンツ???

    商店街の人気者、パンやのろくちゃん、相変わらず元気ですね〜。
    今回は、夏の楽しい出来事をを4話構成で。

    夏祭り・プール・きもだめし・はなびたいかい
    んも〜、夏ってどうしてこうも楽しいことがめじろ押しなんだろう。
    子どもでなくたって、気分が上がっちゃいますね。
    その証拠に、金魚すくいにはまっちゃったおとうさん・きもだめしでの商店街のおじさんたちの活躍でわかります。

    それにしても愉快だったのが、ろくちゃんの白い海水パンツ???です。
    ウォータースライダーには、気をつけなくっちゃ!

    投稿日:2015/08/23

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット